~まだ知らない自分に出会う場所~

部活を引退する先輩に贈るメッセージ

last-game-illust1024460.png

部活の試合は「負けて終わる」


夏休みになるあたりに地区予選の結果がでたのじゃないかな。キミの部活は勝った? それとも負けた?
部活の試合は優勝するチームのみが「勝って終わる」ことができる。それ以外は、たとえ2位でも「負けて終わる」ことになる。
とくに3年生にとっては夏の試合の敗退イコール引退だからすごくエモーショナルな瞬間でもあるね。

先輩に贈るメッセージ


大好きな先輩の引退にメッセージを贈りたい! どんなメッセージを用意すればいいのかな?

●感謝の気持ちを伝えるパターン

かわいがっていた後輩からの感謝の言葉は格別だろう。
先輩から教わったことのうちで何が自分にとって最も響いたのかなど、できるだけ具体的にメッセージに込めてみよう。

●印象に残っている思い出を伝えるパターン

先輩とすごした何気ない日常を取り上げるのもいい。
なぜなら、どの先輩にも当てはまる言葉ではなくて「キミと先輩だけの特別なシーン」を覚えていてくれたんだと感じるからだね。

●感謝の言葉を使うパターン

「先輩のようなプレーがしたいです」「部活運営のしかたなど見習いたいです」など先輩ががんばって部活を引っ張ってきたことをねぎらい、自分も先輩のような先輩になりたいと宣言するのもグッと響く。

これからの活躍を応援するパターン

「新しい場所でも活躍してください」「受験がんばってください。応援しています」などこれからの先輩の活躍にも注目していますよ、と感じてもらえる言葉、応援のメッセージも嬉しいよね。

●好きですパターン

おーっと! 禁断のぉー? 告白?
そりゃあ、異性の後輩から「好きです、先輩!」なんて言われたらそりゃ嬉しい。天にも昇っちゃう。でも、異性として好きという意味じゃなくても「かっこよくてプレイヤーとしての先輩のファンです! 大好きです!」と同性から言われても嬉しいものだよね。



先輩に贈るプレゼント


メッセージとともに、プレゼントを贈るのも先輩の感動をたかめるよね。

●花束

定番の花束。ここはちょっとうんちくを語れるちょっとオトナな花束を贈っては?
花束は色味などで選びがちだけど「花言葉」で選んでみたらどうだろう。
たとえば応援の意味を持つ花とその花言葉をいくつか紹介すると・・・
Gerbera.jpg ガーベラ(4月から11月)
【花言葉】
「常に前進」「希望」
スイートピー スイートピー(4月から6月)
【花言葉】
「門出」「優しい思い出」「ほのかな喜び」
タイム(4月から7月)
【花言葉】
「活動力」「勇気」
かすみそう カスミソウ(5月から7月)
【花言葉】
「感謝」「無邪気」「清らかな心」「親切」「幸福」
ラナンキュラス ラナンキュラス(4月から5月)
【花言葉】
「あなたは魅力に満ちている」「光輝を放つ」
季節的にないものもあるかもしれないけれど、事前にお花屋さんにお願いしておくと手に入りやすいよ。
花束を贈るときに、花言葉も伝えることを忘れずに。

●手紙や色紙

この記事の始めに書いたメッセージの作り方を参考にして手紙や色紙を作って渡そう。
仲の良かった先輩には手紙、そうでもない距離感の先輩には後輩何人か集まっての色紙のほうが作りやすいよね。色紙そのものや、デコるパーツも百均で全部そろう。かわいくしたり、かっこよくしたり工夫の余地が大きいのは色紙かな。

●ムービー、スライドショー

たいていの写真はスマホのなか、だよね。その写真を使ってプレゼンテーションソフト(powerpoint®︎など)でスライドショーをつくったり、写真や動画を使ってムービーをつくるのもいいかも。全部スマホやタブレットのなかで完結できるよね。

●アルバム

一方、スマホのなかの写真を打ち出してミニアルバムを作るという手もあるね。現物があるほうが渡したとき、相手の感動もひとしおとなるかも? こちらも百均でアルバムからデコレーションパーツまでそろえられるよ。

部長の役割


3年生が引退したら、おもに2年生が幹部を引き継いでいくね。そのなかでも部長は部全体をまとめる役目で責任重大だよね。
顧問の先生に指名されたり、部員全員で選ぶ場合などがある。まずは部長にはどんな役割があるのかな?

●顧問との連絡

顧問の先生と連けいをとって、先生からの指示や連絡、先生の部活に対する考え方を部員にうまく伝える役割があるよ。
顧問の先生と仲が悪いとその連携が上手くいかなくなり、部活がスムーズにいかなくなってしまうので、いつも連絡を密にしていこう。

●目標を決める

何よりも大切なのは「目標を決める」こと。目標が決まらないとどんな練習をしたらいいのか、どこまでがんばればいいのか部員に伝わらないよね。
部員が納得するように部長が目標を決めることが初めの仕事だよ。

●練習内容を考える

練習の内容はいままでのものを何も考えず引き継いで実行するのではなく、立てた目標に対して、今の部に必要なところを強化する、不必要な部分は削除するなど、現状に合わせてアレンジしていこう。
もちろん、部員のリクエストを聞くのもいいね。

●部員の相談にのる

部の活動方針にみんなが満足しているということはあまりないよね。
だれかしら、なにかしら不満を抱えているものだよ。小さな不満が大きくなって破裂すると部活動に支障をきたす。ふだんから部員の表情をみて、元気なさそうな場合は声をかけて相談に乗ってあげるといい。

●準備や片付け

率先垂範という言葉を知っているかな? 人の先頭に立って物事を行い、模範を示すという意味だ。
部活の用具やグラウンドの準備などは下級生の仕事と思いがちだけれど、部長がだれよりも早くきて準備しているところを下級生が見れば、おのずと動いてくれるようになる。
口で言うことも大切だけど、行動で示すことがより強いアピールになるよ。
そもそも論だけど、準備や片付けは下級生がやらなくちゃいけないのかな?
「自分が下級生のときにやらされたから」なーんて石器時代の考え方では部員はついてこない。合理的に考えれば「みんなでやれば早くすむ」のじゃないかな?

部長に向いている人


部長の仕事は理解できただろうか。ではその部長にあたうのはどんなひとなんだろうか?
「部長にはリーダーシップが必要ってよく言われる。そりゃそうなんだけど、リーダーシップってなんだろう? 偉そうにすることとか、声が大きいとか、勘違いする人も多いけれど、ちょっと違う気がするよね。
リーダーシップとは、「目標達成のために個人やチームに対して行動を促す力」のこと。部長の仕事のなかにある「目標を決める」「練習メニューを決める」なんかは、いわば、目標達成のための設計図。それにしたがって練習が目標通りに進んでいるかチェックしたり、進んでいないならどんな対策があるか、進んでいるけれど、想定した力がついていない場合は練習メニューを再考したり、うまく練習できていない部員の悩みに乗ったり・・などの全部を含めてリーダーシップというんだ。目標を達成するためにさまざまなことをマネージメントする力のことだね。
そのなかに「統率力がある」「声が大きい」「面倒見がいい」「責任感がある」「メンタルが強い」などの要素があるけど、それぞれは要素でしかない。だからそこだけで選んではいけない。「目標達成のために個人やチームに対して行動を促す力」が備わっているかどうかで選びたいね。

フォロワーシップの大切さ


部長の仕事を知ってみると、先輩の偉大さがわかるね。よくもこんなめんどくさそうなことを引き受けたなーって思わない? 
実際多くの部長は悩んでいるようだよ。そりゃそうだ。完璧な人間なんていないからうまくいかなかったらへこむし、自信無くしてしまう。
部長は目標達成に責任を持つけれど、もちろん部長だけでは達成できない。なにより部員のフォロワーシップが大切だ。
フォロワーシップとは目的達成に向けてリーダーを補佐する機能・能力のことをいう。
また、ときにリーダーが迷ったり、間違えたりした場合は、リーダーに正しい道を示すことも含まれるんだ。
つまり、部活など、ある集団が目標達成をめざす場合は、リーダーシップとフォロワーシップが相互に作用する状態がいちばん能力を向上、発揮しやすいということだ。
部長や幹部に選ばれるのは素晴らしいことだけど、あえて「単なる役割の一つ」だと考えて欲しい。なぜならあまり過大に考えすぎると、人気投票のようになってしまい、適切な人を選べなくなるからだ。「部長は役割の一つ」と考えることで冷静に選ぶことができるし、部長ではないひとの「フォロワーとしての役割」を認識することもできる。
それが部活が強くなっていく、楽しい部活になっていくはじめの一歩だね。

「あの部活の一体感がスキ!」というキミは「チームワーク」が大切といわれる職業を調べてみよう!


広告代理店
広告代理店のイメージイラスト

広告や宣伝の方法を考え、制作する


新しい商品やサービスを消費者にアピールするためには、広告や宣伝が欠かせません。
広告や宣伝をプロデュースしているのが、広告代理店の仕事です。
まずは、企業に対して効果のある宣伝方法を考え、企画をプレゼンテーションします。
企画が採用されれば、企業の担当者と具体的な打ち合わせを重ねて、社外のスタッフとも協力しながら広告物を制作していきます。

広告代理店のお仕事はどんな働き方をするの?


さまざまな部門で働き、打合せを数多くこなします。
広告代理店には、大手総合代理店、新聞の求人広告を専門に扱う代理店、決まった企業の広告だけを扱うハウスエージェンシーなどがあります。
営業や制作部門のほか、新聞や雑誌に掲載するための広告枠を確実に得るといった媒体部門や、市場調査をしたり、店頭でイベントを行ったりするマーケティング・セールスプロモーション部門などがあります。
広告の企画を考え、具体的な形にしていくため、社内での会議や依頼主の下へ出向いての打ち合わせなどに1日の大半を費やします。
職場によっては企画提案の締め切り前などは忙しくなることが多く、また担当する商品のCM撮影やイベントなどのため、夜遅くや休日の出勤もあるようです。

広告代理店のお仕事はどんな人に向いているの?


ユニークなアイデアを出すには、はば広い知識やいちはやく流行を感じとるなどするどい時代感覚が求められます。大がかりな広告キャンペーンなどでは、写真家やコピーライター、グラフィックデザイナーなど、たくさんのスペシャリストがかかわります。
そのため、広告・宣伝担当者には、スタッフをまとめるリーダーシップが必要です。





テレビの制作も多くのスタッフが一つのものづくりに取り組むところだね。

TVディレクター、プロデューサー

番組制作の現場責任者や統括責任者の仕事内容は?


テレビプロデューサーのイメージイラスト
TVディレクターは、番組制作の現場責任者です。
番組の企画に始まり、取材や撮影、台本づくり、演技の指導などを行い、技術、照明、音声、美術など、多くのスタッフを指揮します。
チーフディレクターを中心に、複数のアシスタントディレクターなどが役割をもっています。
プロデューサーは、それらのディレクターを監督する立場にあり、番組制作の統括責任者です。
企画を立てたり、予算を管理したり、スポンサーや出演者との交渉もします。番組が成功するかどうかは、ディレクターとプロデューサーの腕しだいと言ってもいいでしょう。

TVディレクター、プロデューサーはどんな働き方をするの?


テレビ局への就職は困難なため、制作プロダクションに勤める道もあります。
テレビ局への就職は人気が高く、希望する人に対して採用数は少ないため、採用試験の倍率は大変高くなっています。
入社できても、ディレクターやプロデューサーになれる人はわずかです。
番組の制作を目指すなら、制作プロダクションの方がチャンスはありますが、こちらも募集は不定期で少ないようです。
経験を積んでフリーのプロデューサーとして独立した人の中には、高い収入を得る実力者もいます。
番組制作は早朝から深夜まで長時間に及ぶことがあり、仕事の時間は不規則で、決まった日に休みをとるのも難しいことが多いようです。

TVディレクター、プロデューサーはどんな人に向いているの?


視聴者の興味をひくような特色のある番組づくりには、好奇心が旺盛で、文化や芸術、科学などについての幅広い知識をもち、時代が何を求めているかをとらえる感性が必要です。 また、多くのスタッフを動かし、スポンサーと交渉するには、リーダーシップや説得力も求められます。
強じんな体力と精神力、新しいものを目指すチャレンジ精神なども欠かせない条件です。



「猫カフェ」のような小さなお店の運営はまさに「one for all, all for one」の働き方だ。人数が少ないだけに、みんなで力を合わせて運営する喜びがあるよ。

猫カフェの仕事
猫の写真

猫カフェではカフェ業務と猫のお世話を同時に行う


猫カフェスタッフの仕事はカフェ業務と猫のお世話を同時に行う仕事です。
かわいい猫たちに囲まれて働く猫カフェスタッフの仕事内容を具体的に紹介します。

猫カフェには2種類ある


猫カフェには、猫のブリーダーなどからオーナーが買った猫たちが活躍するカフェと、オーナーが「保護猫」を預かって里親募集をしているカフェの2種類があります。

・カフェ業務の内容

◯ ドリンクやフードのオーダーをとって運びます
 猫カフェではつくるのが難しいドリンクやフードがないことがほとんどです。
◯ 猫がお客さまのフードをねらってテーブルに乗らないように気をつけます
 猫はケーキの生クリームなどをねらう場合があります
◯ キッチンで簡単な調理や製菓を行う店舗では、調理や製菓を行う
◯ キッチンで食器などを洗う
◯ レジで会計をする
◯ フロアで猫が毛玉をはいてしまうこともあるので、お客さまに指摘される前にすぐに掃除に駆けつけます

・猫のお世話の仕事

◯ お水をこまめに取り替えて与える
◯ 朝や夜にキャットフードをあげる
 お客さまは猫が食べる姿を見ると喜ぶので、お客さまの前であげることがほとんどです。
◯ 猫の体調管理のために食べた量とタイミングを記録します
◯ トイレをこまめに掃除します
◯ ブラッシングや爪切りを行います
◯ シャンプーをする時もあります
◯ 猫同士がケンカしたら仲裁
 フードや水を離れた場所に置くなど、ストレスがかからないようにしてあげます。

・S N Sでの宣伝

お店の中で猫の様子を撮影してお店のS N S に記事をアップしたりします。猫カフェに親しみを持ってもらうために必要な仕事です。

・保護猫の里親探し

これは里親募集をしている「保護猫カフェ」の場合だけの仕事です。
「保護猫カフェ」にくるお客さまの大半は猫を飼いたい人で、相性のいい猫を探しに来ています。
里親希望の人が現れた場合は、里親希望の書類に必要事項を書いていただきます。
そして里親の審査を行って、審査に通った場合は後日猫をお渡しします。里親の審査はきちんと責任を持ってその猫を生涯大事に飼ってくれる人なのかを確認するために行います。
審査内容は、家族構成やペットの飼育環境などいくつかの条件があります。

個人の経営するお店か、猫カフェを経営する企業に就職する場合がある


猫カフェスタッフの職場は「猫カフェ」です。
個人の経営するお店に就職する場合と、猫カフェを経営する企業に就職する場合があります。
猫カフェのスタッフはアルバイトでの募集が多いです。猫好きな人が集まる職場で、お客さまも猫が好きな人が集まります。
アルバイトの時給は一般的なアルバイトの平均より少し低めのことが多いですが、とても人気の仕事です。求人情報としてネットで一般的に公開されず、お店のS N SやH Pだけで人を募集するところも多いです。
企業が経営する猫カフェでは店長候補などで正社員の募集もあります。店長候補の場合は、スタッフとしての仕事のほかに、スタッフの教育なども行います。
実働8時間でシフト制の場合が多いです。
なお、猫アレルギーのある人は猫が好きでも働けません。(検査は行われませんが、健康によくないのでやめましょう)



部活だけではなく、体育祭や文化祭も一体感を感じるイベントだよね。旅行代理店はその実行委員をやっているような感覚らしいよ。

旅行代理店

旅行代理店の仕事とは旅行商品を企画して販売すること


旅行代理店には国内〜海外まで幅広いツアーを企画して販売する大手の総合旅行会社、地域を限定した国内専門の旅行会社、他社の旅行商品を販売する中小企業まで、さまざまな会社が存在します。

旅行代理店には、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなどさまざまな雇用形態で働く人がいます。企画営業から添乗員まで担当する可能性のある総合職には正社員が多く、カウンターセールスには、アルバイトや契約社員、派遣社員が多い傾向です。
旅行代理店の勤務時間は会社や担当業務によって異なります。
全体的に繁忙期には残業の多い職種といわれています。
また休日もお客さまからの問い合わせの電話に対応するなど、休日出勤をする人も少なくないといわれます。

旅行代理店は旅行の喜びや楽しみを知っている人に向く


旅行が好きで、旅行の喜びや楽しみを知っている人であることが前提です。
とはいえ実際の仕事は、カウンターセールスから企画、添乗業務まで、裏方の仕事が圧倒的に多くなります。お客さまのためにツアーの企画をしたり、交通機関や宿泊施設の手配をしたり、お客さまの予定が変われば調整したり...と細かい手続き事務を段取りよくこなさなくてはなりません。
そのため「人を喜ばせるのが好き!」というサービス精神があり、さまざまな手続きを段取りよく進めていくことが得意な人、変更があってもスピーディーに立て直せる人が向いています。
つまり文化祭や体育祭などのイベントの幹事が得意な人に向いているといえるでしょう。
またお客さまや取引先とコミュニケーションを取る機会が多いので、たくさんの人とかかわることが好きな人に向いています。



大人数のスタッフで大人数のお客様を楽しませるコンサートやライブ。それを企画運営するコンサートプロモーターも部活的な匂いがするよ。

コンサートプロモーター

コンサートプロモーターはコンサートを企画、プロモーションする仕事


アーティストのコンサートで、キラキラとした夢のようなステージに感動した体験はありませんか?
コンサートプロモーターはアーティストやアイドルのコンサートを企画してプロモーションする仕事です。
コンサートプロモーターが手がけるコンサートは、芸能プロダクションやレコード会社から委託されて行うものと、海外アーティストのコンサートや音楽フェスティバルなど、自ら主催者となるものの、2通りがあります。
コンサートプロモーターの仕事内容を、1つのコンサートが開催されて終わるまでの流れを追って順番に紹介します。

ホールの予約
コンサートの企画が来ると、コンサートプロモーターは開催時期の1〜2年前から会場の確保をします。ドームなどの大規模ホールだと2年前から予約を入れておくことも少なくありません。
候補となるホールのスケジュールの空きを確認したり、アーティストのスケジュールを確認したりしながら、会場の予約の交渉をします。
もし利用したいホールを既に別のプロモーターが予約している場合は、相談して調整したりもします。
そして開催時期の1年前には、公演の日程を確定させます。そしてどのタイミングで公演の情報を発表するのか、チケットはいつから発売するのかなどを考え、公演までのスケジューリングをします。
またそのコンサートにはゲストを呼ぶのか、イベント形式なのか?などコンサートの大まかなプランも考えます。この段階ではまだコンサート内容の詳細までは決めません。
チケットの先行販売を行う
コンサートが行われるという情報を解禁して、テレビやラジオ、新聞、雑誌、Webサイト、S N Sなどで公演のプロモーションを行い、チケットの先行販売を行います。
先行販売と同時に、プレイガイドへのチケット委託販売なども進めます。
チケットの一般販売と公演内容の決定
先行販売以外のチケットは一般販売します。
チケットが完売すると、公演の内容が決められます。予算と時間の中で、いかに最高のコンサートをつくり上げるか、腕の見せ所です。
一方チケットが残っている場合は、チケットを売る方法を再度考え、プロモーションを行います。この段階で予算を見直し、コスト削減も検討します。
そして共演者やスタッフの人選、使用機材、舞台設営、舞台美術、演出の仕方など、公演の内容を詳しく決めて確定させます。
このようにコンサートの企画内容の詳細は、チケットの販売枚数の見通しが立ってから行われます。
各種手配
公演内容が決定したら、アーティストやスタッフの移動手段、宿泊施設、設備や備品、当日会場で手伝ってくれるアルバイトスタッフなど、コンサートに必要なものを手配します。
また当日の機材の搬入(はんにゅう)や搬出(はんしゅつ)の仕方、会場の警備、運営の態勢などについてホールの担当者と打ち合わせをして詰めていきます。
消防法で規制されているもの(例えばスモークや花火など)を舞台の演出として使う場合は、消防署や警察に許可申請をします。
公演当日
コンサートプロモーターの仕事は、「公演前日までの準備がほぼすべて」とよく言われます。
当日は、急なトラブル対応などを行いつつ、準備した通りにスタッフが集まり、機材の搬入、リハーサルが行われ、コンサートが無事に終わるのを見守ります。
公演終了後
スタッフみんなで喜びと達成感を感じます。スタッフと打ち上げを行うこともあります。後日、公演に使った費用の精算を行って収支を計算します。

コンサートプロモーターの多くはイベントの企画・制作会社に就職


コンサートプロモーターの主な就職先は、イベントの企画・制作会社です。
正社員からアルバイトまでさまざまな雇用形態の人が働いています。
学生時代にコンサートスタッフのアルバイトを経験して、そのまま正社員として働いている人もいます。
そのほかには芸能プロダクションや音楽プロダクション、コンサートホール、広告代理店などの社員として活躍している人もいます。
コンサートプロモーターは、正社員であれば、基本的に会社の定める勤務時間や休日に従って働きますが、コンサートは土日祝日に行われることが珍しくないため、休日出勤も多く、多忙になりがちです。
また全国各地に飛び回ることも多くあります。
また開催当日は一番先に会場に入って一番後に会場から出ていく役割なので、自然に長時間働くことになります。
コンサートプロモーターは、一般的に若いうちは給与水準が高くなく忙しい日々ですが、実績を積んで規模の大きなコンサートを一人で任せられるようになると、高収入になることが多いようです。
コンサートプロモーターは、東京や大阪などの大都市に限らず、地元の地方都市で働く人も多くいます。イベント企画・制作会社は、全国各地にあるためです。



TOP