~まだ知らない自分に出会う場所~

レジ袋の有料化から1年 キミはエコバッグをうまくたためるか?

ecobag2.gif

レジ袋が有料になって1年なんだねー


おうちの人が買い物に行くとき、最近かならず持っていくものがあるよね。
そう、「エコバッグ」だ。
キミも、文房具を買いに行ったりコンビニへ行ったりしたときに、袋がいるかどうかを確認されたことがあるんじゃないかな。
ずいぶんと定着した「レジ袋の有料化」から、そろそろ1年がたとうとしている。
開始前はかなり話題になったけれど、いざスタートしてみたら案外すんなり適応できた?
それとも、まだ慣れないかな?
今日は私たちの生活とも密接なかかわりがあるエコバッグについて考えてみよう。


レジ袋が有料になって1年 おさらいしておこう


レジ袋が有料化されたのは、2020年7月1日から。
そもそもどうして「有料化」にされたのかというと、「海洋プラスチックゴミ」問題を含めた「環境問題」の深刻さがあげられる。 環境省の資料によると、海洋ゴミの中の人工物で一番多いのが「プラスチックゴミ」なんだそうだ。
「海洋プラスチックゴミ」には、みんなが暮らす街などの内陸で発生したプラスチックゴミが、山から川、川から海へとたどり着いたものや、風や海流に乗って漂着した外国のプラスチックゴミなどがある。
海洋ゴミは、動物たちがエサと間違えて食べてしまったりからまったりして、ケガをしたり死んでしまったりする原因になる。
さらに深刻なのが「マイクロプラスチック」だ。
作るのが比較的簡単で、じょうぶなプラスチックだけど、流されるうちに粉々になって、5mm以下の小さなかけらになるものがある。それを「マイクロプラスチック」というんだ。
そのサイズになると、海にすむ魚類たちが食べてしまい、体内で有害な物質が蓄積されていき、ゆくゆくはそれが人の口に入る......なんてことが起こりえるんだ。
そういった背景から、海洋プラスチックゴミの1つになりえる、たくさんの人が使うレジ袋を有料化することで、
「この袋は本当に必要?」
と考えてもらい、プラスチック製のレジ袋の使用量を減らしていくことを目的としてスタートしたんだね。


毎日持ち歩くことになったエコバッグ


レジ袋が有料化されると、たかが数円であってもやっぱり一度「この袋は本当にいるかな?」って考えるよね。
エコバッグを忘れた時や、買い物をするつもりが無かったのに、急きょ買い物をしたときには、「(ああ!悔しい、そしてごめんなさい...)1枚ください」
ということになる。
だから、コンパクトにたためるエコバッグをどこかにつねにひそませておく......というのが、みんなのスタンダードになりつつあるんじゃないだろうか。
まあ、そうはいっても荷物が一つ増えることには変わりない。
では、なるべくコンパクトにたたむ方法を考えてみよう!


トートバッグ型のエコバッグはこうたため


まず、一番多いであろう、付録や店でもらうことがある、トートバッグ型のエコバッグ。
1.持ち手より外側の部分を、三つ折りにするイメージで左右から中心に向かって折る。
2.持ち手を、袋の本体側に折る。
3.上下から、中心に向かって折る。四つ折りのイメージ。
4.下から折り上げた部分の、輪になっているところに、上から折った部分を入れ込む。
これで完成!
たぶん一番コンパクトで、カバンの中でもぐちゃぐちゃにならないんじゃないだろうか?

それでも時々もらうレジ袋はこうたたむ


やむを得ずもらったレジ袋や、レジ袋型のエコバッグもあるよね。
そのタイプはこんな風にたたむのがおすすめだ!
1. 平らにおいて、持ち手同士が重なるように、三つ折りにするイメージで、左右から折る。
2. 持ち手を袋の本体側に折る。
3. 上下から、中心に向かって折る。四つ折りのイメージ。
4. 下から折り上げた部分の、輪になっているところに、上から折った部分を入れ込む。
どちらも、途中からは同じような作業になる。
上級者になると、レジ袋は三角に折り上げる技を使ったりもするよ!
環境汚染は待ったなしの深刻な状況だという。
キミたちが大人になった時にも、きれいな地球とそこにすむたくさんの生物たちが、元気に残っていますように!今からできることに取り組んでいくことが大切だね。
※新型コロナウイルスの影響により一部の地域では生活状況が記事内容と合わない場合があります。ご了承ください。

「レジ袋の有料化」に興味を持ったキミにぴったりな仕事
さまざまなところにあるコンビニ。お店の売り上げや、レジでの店員さんの作業の流れなどを考えるのは店長の仕事だ。レジ袋有料化と聞いて、それに伴う仕事への影響が頭に浮かんだキミは、「スーパー・コンビニ店長」の仕事を調べてみてはどうかな。海洋汚染の影響が気になったキミ、海にすむたくさんの生物や、環境問題などの研究職について調べてみよう。どんな魚がどこでとれるのか、など実際の漁について気になったキミは、「漁業従事者」を調べてみるといいかもしれない。
どんな仕事かな?と思ったら「ミライ科」を見てみてね!(職業名をクリックしたら見られるよ!)

TOP