~まだ知らない自分に出会う場所~

UFO記念日の由来は? ケネスアーノルド事件が始まり

UFOとは宇宙人の乗り物だけを指すの?


6月24日が何の日か知っている?
なんと「UFOデー(空飛ぶ円盤記念日)」なんだよ。

「UFO」というと、なんとなく宇宙人のイメージがあるけれど、実は航空・軍事用語として使われるもので、アメリカ空軍が「未確認飛行物体=Unidentified Flying Object=UFO」と名付けた用語。
宇宙人が乗っていそうなものだけを指しているわけではなくて、科学的に解明できない、公式に記録されていないような飛行物体すべてを表していて、空軍などが把握していない、他の国の飛行機やミサイルなども含んでいるそうだよ。
つまり、
「あれ、何が飛んでいるんだ?」
という段階では「UFO」。
「何だ、鳥か」
と正体がわかったら、もう「UFO」じゃない、ということかな。
しかし、どうしてそんな記念日が制定されたんだろう?



ケネスアーノルド事件が始まり

UFOの目撃が史上初めて記録されたのが1947年(昭和22年)の6月24日、アメリカの実業家ケネス・アーノルドさんが自家用機で飛行中に謎の飛行物体を目撃したんだ。 謎の飛行物体は山の上空に9個存在して、とんでもない高速で急下降、急上昇を行っていた。アーノルドさんはこの物体をその形状(コーヒーカップを受ける皿の形)から「空飛ぶ円盤(flying saucer:フライングソーサー)」と名づけた。全米で報道されると、同様の目撃証言があいついだそうだよ。 この6月24日を記念日としたんだね。
実は、このあと「未確認の飛行物体が他の国からの攻撃目的だったら危険だ」ということで、軍が本格的に調査をおこなった。
アメリカ空軍は1948年よりUFOの情報収集をスタート、1952年に科学者委員会をつくって調査を始めたんだって。1969年には調査結果がまとめられて、「地球外生命体」という説は否定された...ということだ。残念!?
「ユーフォー」と呼ぶのは日本くらいで、アメリカなどでは「ユー・エフ・オー」と呼ばれているそうだ。

ピンク・レディーのUFOが生まれたわけは?


がらりと話は変わるけれど、「UFO」という有名な歌を知っている?
おうちの人に聞いてみたら知っていると思うけれど、ピンク・レディーというアイドルが歌った、1970年代に大・大・大ヒットした代表曲だ。
中学時代からの友だちだった女の子2人のペアで、当時珍しい振り付けや魅力的な衣装が大ブームになった。マンガなんかでも登場することがあるから、知っているかな?
そして、「UFO」をはじめとしたピンク・レディーの曲を数多く作詞したのが、阿久悠という作詞家だ。なんと、5000曲以上の作詞を手掛けたという、歴史に残る作詞家だよ。
今は「みんなが好きな曲」というのがあまりないから、ピンとこないかもしれないけれど、当時は流行した曲を日本中が歌っていたというから、きっと町中が阿久さんの歌であふれていたんだろうね。



UFOの意味は? 日清焼きそばのU.F.O.と同じ意味?


さらに話は変わって...「日清焼きそばU.F.O.」は知っている?食べたことがあるという人もきっといるよね?
では、ここまで出てきた「UFO=未確認飛行物体」と「U.F.O.」は同じ意味でしょうか?
答えは...NO!
「日清やきそばU.F.O.」はなんと「うまい(Umai)ソース」のU、「太い(Futoi)麺(めん)」のF、「大きい(Ookii)キャベツ」のO、を取って「U.F.O」と名付けられたんだそうだ。発売されたのが1976年だから、ピンク・レディーのUFOブームの波に乗り、容器の形は「UFO」のイメージと似た円盤型という、アイデアもりだくさんの商品だよ。
ちなみに、「日清焼きそばU.F.O.」は「スペース日清焼そばU.F.O.」という形で宇宙食認定されて、2021年1月現在ISS国際宇宙ステーションに滞在している野口さんとともに宇宙を飛んでいたんだって!
6月のUFO記念日。
せっかくだから、焼きそばでも食べながら夜空をながめて、宇宙に思いをはせてみてはどうだろう?
※新型コロナウイルスの影響により一部の地域では生活状況が記事内容と合わない場合があります。ご了承ください。

UFO記念日に興味を持ったキミにぴったりな仕事
「宇宙」に興味があったら、思いつくのはまず「宇宙飛行士」だね。そして、UFOと遭遇するかもしれない(!?)、空で働く仕事といえば「パイロット」もある。UFOじゃないけれど、空飛ぶ乗り物を自分で操縦することを、小さいころから夢見ている人もいるかもしれないね。 ピンク・レディーの「UFO」にまつわる話に興味を持ったら、「作詞家・作曲家」について調べてみてはどうだろう。最近は、インターネットなどを利用して自分の作品を発表したり、思わぬところでブームが起きたり、昔よりも発表のチャンスは増えている! 夢がふくらむね。
そして、ブームを起こすと言えば、「TVディレクター、プロデューサー」という仕事もはずせない。これも、地上デジタルだけでなく、インターネット上のTV番組も増えてきているから、自分の得意なジャンルでブームを起こせるかもしれないよ。

どんな仕事かな?と思ったら「ミライ科」を見てみてね!(職業名をクリックしたら見られるよ!)




TOP