~まだ知らない自分に出会う場所~

渡邊渚アナ インタビュー めざましテレビでおなじみだね!

渡邉渚さん(アナウンサー)
いつも見ているテレビの中の人気者。アナウンサーはそんな存在かもしれない。
華やかな世界に憧れる人もきっと多いだろうね。
今回取材にうかがったのはフジテレビアナウンサー、めざましテレビでおなじみの渡邊渚さん。
転校が多かった渡邊さんは、転校先ですぐに友達ができるようにいろいろ工夫をしていたそうだ。
その努力が今のアナウンサーという仕事にも生かされているんだって。
今回のオトナの本音は
渡邊渚さん(アナウンサー)

さっそくインタビューを観てみよう!


アナウンサーの仕事とは?キャスターとアナウンサーの違いは?


渡邊渚さんのようなアナウンサーはどんな仕事、どんな生活をしているのかな。
アナウンサーは担当する番組の時間帯に合わせた生活リズムになるよ。
アナウンサーとは、テレビ局などに所属してテレビやラジオの番組で原稿をわかりやすく正確に読み上げる仕事です。
ニュースの報道やスポーツの実況、番組の司会や語りなど、活やくの場はさまざま。
司会やインタビューなどでは話をわかりやすく伝えるだけでなく、的確な問いかけをしたり場を盛り上げたり、決められた時間で進められるよう出演者の話をまとめたりもする。
そのために、世の中の出来事を理解できるように、日ごろから新聞を読む、情報を整理するなどにも多くの時間を割いてるんだ。

アナウンサーは担当番組に合わせた生活


仕事はどんなものがあるかというと・・・
原稿を読む
アナウンサーは世の中の情報を自分の言葉でわかりやすく伝えていく職業だよ。 与(あた)えられた原稿を棒読みしているだけでは視聴者(しちょうしゃ)に伝わらないよね。
どのように読んだら伝わるのか、そのためにどの部分が最も大切なのかを理解し、それによって読むスピードやトーン、抑揚(よくよう)をつけて伝えようとすることが大切なんだ。
取材をする
アナウンサーもスタジオで番組の進行をするだけではなく、実際に事件現場や情報を探しに取材に行くこともあるよ。 情報を収集して自分の番組やアナウンスに生かすことができる能力の重要性はますます高まっているんだ。

番組を進行するキャスターとの違いは


アナウンサーが原稿を読み上げることの正確性が問われる専門職であるのに対して、キャスターはニュースを自分自身の独自の観点から分析(ぶんせき)し、提示することが求められる。
そのかわり、キャスターにはアナウンサーほど「アナウンス」の正確性は求められないから、ジャーナリストやインテリ系のタレントなどを起用することが多いみたい。
アナウンサーはバラエティ番組などで進行を任されることが多く、ハプニングなどをうまくさばいてスムーズに進行していける機転などが求められる場合もあるよね。

生活はどんな感じ


担当する番組の時間帯に合わせた生活リズムになります。
アナウンサーが出演する番組は生放送であることが多いため、早朝の番組であれば深夜から、夜の番組であれば夕方から深夜にかけて出勤(しゅっきん)し、事前に放送内容の打ち合わせなどをする。スタジオを出て現場から中継(ちゅうけい)したり、放送以外の時間に録画を収録(しゅうろく)したりすることもある。
政治家やスポーツ選手、学者、タレントなど各界の著名(ちょめい)人と仕事ができる一方、急なニュースへの対応や視聴者(しちょうしゃ)の求める情報を正しく伝えるなどの力量が番組のできを左右する。緊張(きんちょう)を強(し)いられる仕事である分、やりがいは大きいよね。

アナウンサーには 機転、個人の魅力(みりょく)、自己管理能力がある人が向く


アナウンサーは情報を伝えるプロとして、発声、敬語、放送用語などの厳しい訓練を受ける。
そうした話をすることだけでなく、司会進行や中継などではいつどんなときでもカメラが回れば的確な言葉で情報を伝えなければならない。
はば広い知識や教養、理解力があり、度胸や機転がきくことも大切だよね。番組の顔としての人柄や親しみやすさなど、個人の魅力も求めらる。
担当する番組を休むことはできないため、人並み以上の体力と自己管理能力も重要なんだ。

「渡邊渚」さんのお話、どうだったかな? アナウンサーについて、もっと知りたくなったキミは、ココからお仕事について詳しく知ることができるよ!




TOP