教育

Times Higher Education

株式会社ベネッセホールディングス

「THE世界大学ランキング日本版2022」発表


 世界で最も権威のある英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(以下「THE」)は、高等教育界に特化したデータ・分析・情報を提供し続けており、「世界大学ランキング」を2004年から発表しています。この度、THEはベネッセグループの協力のもと、大学の教学改革やグローバル化の推進に向けて、「THE世界大学ランキング日本版2022」を発表いたします。

 ベネッセグループは2016年にTHEと業務提携契約を締結し、THEの国内総合パートナーとして協力してまいりました。「THE世界大学ランキング日本版」は2017年3月に1回目の発表を行い、今年で6回目となります。毎年9月にTHEが発表する世界版ランキングでは「研究力」を軸に据える一方で、日本版ランキングは、日本の教育事情により即した形で大学の魅力や特性が表れるように、大学の「教育力」を測る設計となっています。

 ランキング指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で構成されています。一般的な国内の大学ランキングは、主に入学時の学力(合格基準)が軸になっていますが、本ランキングは学生の学びの質や成長性に焦点を当てたものとなっています。

 日本版ランキングの2022年版では273大学がランク付けされました。

 総合ランキングでは、東北大学が昨年に続き1位に、1つ順位を上げた東京大学(昨年3位)が2位に、同率3位には2つ順位を上げた大阪大学(昨年5位)と東京工業大学(昨年2位)が、続いて5位に京都大学(昨年4位)、6位は昨年に続き北海道大学(昨年6位)がランクインしました。

 また、分野別ランキングでは、「教育リソース」で東京大学が再び1位となり、「教育充実度」は国際教養大学、「教育成果」は京都大学と、昨年から変化はなく、「国際性」では立命館アジア太平洋大学が初めて1位になりました。(ランキング詳細については、次ページ以降をご覧ください)

 様々な社会環境の変化の中、大学の経営、ガバナンス、そして何よりも「教育の質保証」といった観点から日本の高等教育機関は注目されています。大学改革に向けて、客観的なデータを管理・活用するIRの必要性は増す一方です。そして、今後10年で10%、さらに20年後には20%と、国内の18歳人口が減少する状況下、世界中の大学進学希望者に日本の大学の魅力を多様な側面から伝えていくことは極めて重要です。

 THEおよびベネッセグループは、大学ランキングを順位そのものにとどめることなく、大学独自の魅力や特性を客観的に把握するツールとして、大学改革でのプロセスで活用していただきたいと考えています。これからも、この日本版ランキングを、多くの関係者の皆さまと改善を重ねながら育てていく所存です。日本の大学における教育改革の一指標とするとともに、国内外の大学進学希望者にとって大学選びの一助になれば幸いです。


Times Higher Education (THE)について

THEは50年にわたり高等教育界に特化したデータ・情報を提供し続けている世界的なオーソリティです:
www.timeshighereducation.com  @timeshighered

THE世界大学ランキング日本版2022【ランキング指標】    

 2022年版のランキング指標は、2021年版から変更はありません。2019年版以来、指標における「教育充実度」の充実を図る目的で、"教員・学生の交流、協働学習の機会"、"授業・指導の充実度"、"大学の推奨度"の3つの学生調査の結果が、重要な指標項目としてランキングに反映されています。

0324表1.JPG

【指標の補足説明】

0324表2.JPG

THE世界大学ランキング日本版2022【総合順位】(50位まで抜粋)

0324表3.JPG

※順位横の「=」表記は、同順位であることを示しています。同順位の場合は英語表記のアルファベット順で掲載しています。
※「‒」は、分野における順位が201 位以下のためスコア非表示としています。
※詳細は「THE世界大学ランキング 日本版」日本語公式サイトをご覧ください。 

THE世界大学ランキング日本版2022【分野別順位】(20位まで抜粋)

0324表4.JPG


THE Chief Knowledge Officer:Phil Batyによるコメント

人物0324_01.jpg 日本の大学は、THE の主要な国際ランキングに非常に積極的に参加していますが(実際、日本は THE世界大学ランキング と THEインパクトランキング の両方で、世界で2 番目にランクイン大学が多い国です)、この日本独自のランキングでは、他の国にはない独自のデータセットを用い、従来の国際ランキングよりも幅広い指標にて、日本の高等教育の質をより深く詳しく検証します。
 THE世界大学ランキング日本版は、日本の優先順位に基づき、学生自身の意見も交えて比較したもので、国内外から日本で教育を受けようとするすべての学生にとって素晴らしいリソースとなるだけでなく、大学の経営者や政策立案者にとって確固たるベンチマークと意思決定のツールになるといえます。
 日本の大学にとって非常に困難なこの時期に、3年連続でランキングトップの座を維持した東北大学は称賛に価します。このような一貫した卓越性の実証は、歓迎されるべきことです。
 また、東京大学が1つ順位を上げて2位の座を獲得したことが注目されますが、世界的なパンデミックによって社会に大きな混乱が生じたにもかかわらず、全般的にランキング上位層が概ね安定しているのも喜ばしいことです。この安定性は、日本の一流大学の回復力と不屈の精神の証です。


以上

最終更新日:2022年06月23日