2018/12/25

「子どもの安全、みんなで取り組む」

【安全インストラクター武田信彦のコラム「一般市民による防犯とは?」】(第26回)

  

  

 2018年は、重大な事件や事故、自然災害が相次いで発生し、安全に対する意識があらためて高まった一年でした。とくに子どもの安全については、「登下校防犯プラン」に基づき、全国で通学路の点検などの安全対策が推進されています。一方、現場では「どのように取り組めばよいのか...」といった手詰まり感にも似た雰囲気も漂います。

  

ますます子どもだけの状況になりやすい環境の中で、犯罪被害をいかに防いでいけばよいでしょう。子どもたちや保護者の防犯意識の向上のみならず、警察、自治体、学校、事業者、地域住民にできることとはなんでしょうか。

  

 「子どもの安全、みんなで取り組む」がますます重要です。

  

子どもや保護者の力だけでは限界があるからです。最近、私への講師依頼で増えてきているものがあります。それは、「全世代参加型の防犯講座」です。今までは、子どもの防犯セミナー、保護者むけの防犯講座、そして、地域のみなさんや防犯ボランティア対象の防犯研修会など、世代ごとの企画がほとんどでした。しかし、子どもの安全は、全世代共通のテーマ。ならば、「みんなで集まって、同時に意識を高めよう!」というアプローチです。親子での参加が可能だと、保護者だけ子だけより、参加率が高まる効果もあります。防犯のコツを確認するだけでなく、地域でどんな取り組みをしているかや、地域にいる防犯ボランティアがどういった存在なのかを知ることができて、一石二鳥です。

  

また、子どもたちへの防犯意識の向上には、日常的に伝えることが大切です。防犯は、日々の生活で必要なことなのに、つい忘れてしまうことがあるからです。私が監修を務めた「子どもの安全・安心ハンドブック」、さらに「子どもの安全教室実施プログラム」をおすすめします。どちらも無償で使用できますので、ぜひご活用ください。

  

  

◆「子どもの安全・安心ハンドブック」こちらをご覧ください。

◆「子どもの安全教室実施プログラム」こちらをご覧ください。

  

  

コラム26.jpg

  

  

執筆者:武田信彦(たけだ のぶひこ)さん

takeda.jpg

うさぎママのパトロール教室主宰

安全インストラクター

 

犯罪防止NPOの幹部などを経て、2006年より安全インストラクターとして活動を開始。 「一般市民としてできる安全のコツ」をテーマに全国で講演やセミナーなどを多数実施中。 子どもたちの安全力向上を目的とした「安全ワークショップ」も好評を得ている

 

サイト : うさぎママのパトロール教室 http://www.usagimama.com/


  • 一覧へ戻る

がついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。