相談先一覧

お子さんの発達について気になる点を見つけた場合は、悩みを抱え込まず、まずは身近にいる人や、専門家などに相談することが大切です。適切なアドバイスを得ながら対応することが、お子さんの抱える困難を改善することにつながります。
このページでは、発達障害に関する相談をできる機関や、相談をするうえで事前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

相談をする前に確認したいポイント

相談先の種類を知る
発達障害に関する相談や支援が受けられる機関にはいくつか種類があります。
機関ごとに、支援の中心となる専門スタッフの種類も異なり、それに伴い受けられる支援の内容も異なってきますが、共通してお子さんの発達や子育てに関する助言や指導を受けることができます。
それぞれの特長を知ったうえで、お子さんや保護者の方に合った相談先を見つけてください。
  • 発達障害者支援センター
    発達障害をもつ方への支援を、保健・医療・教育などのさまざまな面から総合的に取り組む専門的な機関です。都道府県等が指定した社会福祉法人や特定非営利活動法人などが運営しているため、各地域によって受けられる支援内容が異なります。
  • 子ども家庭支援センター
    お子さんの発達をはじめとして、子育てに関するあらゆる相談ができる地域の相談機関です。メールや電話での相談を受け付けている場所もありますが、具体的な個別の相談に関しては事前の予約が必要なケースもあります。
  • 市町村保健センター
    市町村によって設置されている、健康相談や保健指導等を受けられる施設です。主に保健師が中心となっています。
  • 児童相談センター・児童相談所
    地域に住む18歳未満の子どもに関するあらゆる相談や支援を受けられる相談機関です。施設によって異なりますが、児童福祉士(ソーシャルワーカー)や児童心理士、医師などの専門家からアドバイスや助言をもらうことができます。
  • 医療機関・病院
    小児神経科などを設置している医療機関では、発達障害に対して、診断や治療、指導など医療的な面からの支援を受けることができます。発達障害を専門としている医療機関は多くなく、混雑していたり、予約が取りにくかったりします。予め地域の相談機関等を利用してから、医療機関への受診を検討することをおすすめします。
問題点を整理する
お子さんの発達について気になっていることや、お子さんや保護者の方が困っていること、抱えている問題点を洗い出してみてください。できるだけ具体的に書き出して、予め情報を整理しておくことで、相談時に説明がしやすくなります。
お子さんが生まれてからの様子を整理する
お子さんが生まれてから現在に至るまでの様子を分かる範囲で書き出してみてください。いつ頃から言葉を話し始めたのか/人見知りをしていた時期/お子さんのおうちでの日常生活の過ごし方/通っている園・学校での様子/兄弟・お友だちとの関係などについても確認しておくことが大切です。

がついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。