【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 入試傾向・分析

尾形講師

2018年センター試験


センター試験が終わりました。

英語に関して言えば、

「筆記・リスニングどちらも難しかった」


と言えるのではないでしょうか。

続きを読む»


2018年1月16日 | 入試傾向・分析

秋元講師

大学入学共通テスト(仮)について


こんにちは。

前回言い忘れたのですが、

実は今年でこの「合格の流儀」が始まって10年目に突入していました。

続きを読む»


2017年5月19日 | 入試傾向・分析

中村講師

合格者減の衝撃


2017年度の早慶入試の特徴をもし一言で述べよと言われれば、

甚だ簡単ではございますが...

「合格者が減った」

ということです。

続きを読む»


2017年5月10日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター試験2017


いまさらですが、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



さて、今年度のセンター試験ですが、僕は大いに評価します。

続きを読む»


2017年1月18日 | 入試傾向・分析

尾形講師

2016年センター試験英語(リスニング)


筆記その2の前に、リスニングについて。

問題形式の大きな変更点としては、・・・


続きを読む»


2016年1月21日 | 入試傾向・分析

秋元講師

2016年センター試験「国語」


今年もセンター試験の日に国語科の先生方が集結して、分析会を行いました。

詳細はお茶ゼミのホームページに載っていますのでぜひご覧になってください。

今年は石川先生が代表して取りまとめてくださいました。

http://www.ochazemi.co.jp/column/center/2016/

続きを読む»


2016年1月20日 | 入試傾向・分析

尾形講師

2016年センター試験英語(筆記)その1


センター試験が終わりました。高3の皆さん、いかがだったでしょうか?

続きを読む»


2016年1月18日 | 入試傾向・分析

尾形講師

15年度センター試験英語(筆記)

センター試験が終わりました。

英語の筆記に関しては難易度は例年どおり、といっていいでしょう。

語数は増えましたが、短いセンテンスで読みやすい文章が多く、

昨年度と比べると簡単に感じた人もいるかもしれません。

続きを読む»


2015年1月19日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター試験2015 国語分析速報

今年もセンター試験ならびにセンター試験チャレンジの受験、

たいへんおつかれさまでした。

毎年、センター試験直後にお茶ゼミの先生方が

一堂に会して分析会をするのですが、僕はこの時間が本当に好きです。

続きを読む»


2015年1月19日 | 入試傾向・分析

中村講師

2014慶應法学部入試

毎年お茶ゼミでは東大早慶入試についての分析冊子を製作しているのですが、

今年その過程で強く思ったことがありました。

続きを読む»


2014年4月28日 | 入試傾向・分析

尾形講師

2014センター試験(英語リスニング)

さて、リスニングです。



リスニングは、聴きとる量が多ければ多いほど難しい、

と考えている人がいるかもしれません。

しかし、現実にはむしろ逆なことが多く、

「短いからこそ聴き取れない」ということが起こります。

続きを読む»


2014年1月21日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター試験・国語・2014・分析・速報版

センター試験の受験生、

ならびにセンターチャレンジの高2・1生のみなさん。

お疲れ様でした。いかがだったでしょうか。

今までのブログが多少とも役に立っていたら嬉しいのですが。

いろいろ君たちに掛けたい言葉が胸に浮かんでくるのですけど、

何はともあれ例年通り、現段階でどこよりも詳しい(?)

センター分析の速報版をさっそく紹介しちゃいます。

続きを読む»


2014年1月20日 | 入試傾向・分析

尾形講師

2014センター試験(英語筆記)

センター試験が終わりました。

センター試験に関しては、お茶ゼミHPにも分析が載っています。

大問ごとの出題内容など、全体的な分析はそちらに譲るとして、

このブログでは目立った変化や、

キーとなる問題について解説しようと思います。

続きを読む»


2014年1月20日 | 入試傾向・分析

中村講師

ヒューリスティクス型知性

私は日頃の授業で、慶應入試の論文対策を行っていますが、

論文の講師であるにもかかわらず、

英語と歴史(or数学)、そして国語

の学習こそ重要であると常に言っています。

続きを読む»


2013年5月 4日 | 入試傾向・分析

尾形講師

2013入試~難関大が問うていること~(2)

難関大が求めているのは「マニアックな力」ではなく

「本質をつかむ力」だという話の続きです。

前回出した問題はこれでした。

13年早稲田大学文学部の会話問題。

続きを読む»


2013年3月26日 | 入試傾向・分析

中村講師

2013慶應論文入試

今年の慶應入試の小論文は、一言で言えば「平穏」でした。

続きを読む»


2013年3月19日 | 入試傾向・分析

尾形講師

2013入試~難関大が問うていること~(1)

こんにちは。

これを読んでくれている人たちは、

おそらく来年、再来年の入試へ向けてがんばり始めている

新高2、3生が多いことでしょう。

年度も変わり、新しい一年の幕が開こうとしています。

続きを読む»


2013年3月12日 | 入試傾向・分析

秋元講師

春一番!

2013年度の受験も、国立大学の後期試験を残すのみになりました。

昨日は2年ぶりに東京にも春一番が吹いて、

また新たな年度が始まろうとしています。

続きを読む»


2013年3月 4日 | 入試傾向・分析

尾形講師

13センター試験 英語

こんにちは。センター試験が終わりました。


受験生の皆さん、結果はいろいろだったでしょうが、

もう前だけを向いて突っ走らねばなりません。

高2, 高1生の皆さんは日ごろの学習を振り返る

良い機会だったと思います。


今回は速報的に13年のセンターを振り返ってみます。

続きを読む»


2013年1月22日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター試験2013「国語」分析速報

昨年度も書いたことだが、今年はより一層君たちの実力・努力以上に

点差が露わに開いたのではないかと予想される。

続きを読む»


2013年1月21日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター×センター

夏が終わり、高2生の俺もついに入試まで1年半か。

そろそろ本格的に受験勉強を始める時が来たよな。

まず手始めに「センター試験」の過去問から解いておこうか。

続きを読む»


2012年9月 6日 | 入試傾向・分析

中村講師

2012慶應文学部小論文分析(1)

今年も入試が終わり、早慶についてはほぼ結果が出揃いつつあります。

お茶ゼミ生の慶應合格者は昨年を上回る勢いで、私も安堵する一方、

合格できそうでできなかった人もいましたので、

こういう人をどのようにしたら合格まで導けるのか、

新年度に向けてまた考えていかねばなりません。



……と毎年思ってはいるのですけど……

続きを読む»


2012年3月 8日 | 入試傾向・分析

秋元講師

年年歳歳、歳歳年年

3月に入ってもなお冬の冷気に包まれていますが、

お茶ゼミでは今年もたくさんの花が開く時期を迎えています。

続きを読む»


2012年3月 7日 | 入試傾向・分析

尾形講師

12年センター試験英語(リスニング)



さて、センター試験リスニングの概括ですが、大きな変化はなし。

「差がつく問題」をいかに正答できるかがカギ。

といえるでしょう。

続きを読む»


2012年1月16日 | 入試傾向・分析

尾形講師

12年センター試験英語(筆記)その2



センター試験英語(筆記)の続きです。

続きを読む»


2012年1月16日 | 入試傾向・分析

尾形講師

12年センター試験英語(筆記)その1

明けましておめでとうございます。


さてセンターも終わりました。

まずは筆記に関して2回に分けて概括してみます。


高3生はラストスパートに向けての反省材料として、

高1、2生はこれから先の学習の指針として読んで下さい。

続きを読む»


2012年1月16日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター試験2012国語

今年もセンター分析会を行いました。

続きを読む»


2012年1月16日 | 入試傾向・分析

尾形講師

11年度早慶・難関国立入試(1)

さて、この時期、お茶の水ゼミナールでは数多くの生徒さんが

入試の合格報告に来てくれています。

本当に、教師冥利に尽きる瞬間です。

続きを読む»


2011年3月 7日 | 入試傾向・分析

秋元講師

2011年センター試験・国語・分析速報

昨年同様、センター試験の翌日国語科の先生方が集結して

分析会を行いました。

続きを読む»


2011年1月17日 | 入試傾向・分析

秋元講師

センター試験 国語 2010

今年はお茶ゼミの先生方が結集して分析を行いました。

まるで「自分会議」(©藤子不二雄F)をしているみたいな心地よさで

これが「講師力1位」(©オリコン)の凄さかと実感しました。

その結果を僕が代表してまとめて・・・

続きを読む»


2010年1月19日 | 入試傾向・分析

秋元講師

「2009年センター試験「現代文」【1】講評」

今回は急遽センター試験の講評に差し替えます。

全体的な講評は他でもわかるとおもうので現代文【1】

に特化して以下に紹介します。 センター試験で不本意な

点数を取ってしまった受験生はセンター利用を修正せざる

を得なくなり頭をかかえているに違いない。

だがそれ以上に僕が恐れているのは自分の実力に不信感

を抱いてしまい数週間後に迫る第一志望に立ち向かう心が

折れそうになっているのではないかということだ。

そういう君のことを考えながら今書いている。

まず結論から言っておくと、今年は確実に難化した。



「文章量の大幅増加」(昨年より600字増)

「馴染みのないテーマ」

「選択肢のきわどさ」

いずれも君に苦戦を強いただろう。だから点数が思わしく

なかった君はそんなに自分を責めないでほしい。

ただ最初の2点に関しては再三言ってきたように現代文の

本質ではない。

3点目を今から具体的に検証してみよう。・・

続きを読む»


2009年1月19日 | 入試傾向・分析