【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 尾形講師

尾形講師

ひとりでできるスピーキング対策


いわゆる「4技能」と呼ばれるものの中で、

高校生のみなさんが最も頭を悩ますのは

スピーキングかもしれません。

続きを読む»


2019年10月22日 | 尾形講師

尾形講師

「なんちゃってペラペラ」という落とし穴


ハイ ガイズ!!!

今回は「なんちゃってペラペラ」についての話です。

続きを読む»


2019年9月18日 | 尾形講師

尾形講師

音読の意外な効能


発話したり音読したりすることは大事だ、ということはよく聞くでしょう。

意味のカタマリを身体で理解することにつながり、

速読やリスニングに役に立つ、と。

確かにそうです。

そうなんですが音読には

また別の効能があるんじゃないのかという気がしています。

続きを読む»


2019年8月 9日 | 尾形講師

尾形講師

高1・2年生の皆さんへ、ワンポイントアドバイス


今回は、19年度の最新入試から、

高2や高1の皆さんでも取り組める問題をピックアップしてみます。

続きを読む»


2019年3月30日 | 尾形講師

尾形講師

設問を先に読むか、読まないか


こんにちは。新年度もよろしくお願いします。

このブログを読んでいるヤングな皆さんにはまるで関係ない話ですが、

先月(予備校講師が唯一休める期間です)、

僕は人間ドックに行ってきました。

続きを読む»


2018年4月 6日 | 尾形講師

尾形講師

2018年センター試験


センター試験が終わりました。

英語に関して言えば、

「筆記・リスニングどちらも難しかった」


と言えるのではないでしょうか。

続きを読む»


2018年1月16日 | 尾形講師

尾形講師

「ダラダラ勉強」にならないために


秋ですね。食欲の秋です。

僕の数少ない趣味の一つが料理、なのですが、

最近、禁断の「お菓子作り」に足を踏み入れてしまいました。

こないだ手作りいちごアイスを作って

一人でキャッキャキャッキャ盛り上がりました。

いやー面白いですねアイス作り。ハマりそうです。



それはともかく秋はどうも勉強に関しては

「中だるみ」しやすい時期のように思います。

続きを読む»


2017年9月26日 | 尾形講師

尾形講師

長文読解、イマイチ内容が頭に入らないときは


こんにちは。

生徒さんから

「英語の長文って、日本語に比べて
内容がイマイチ頭に入ってこないんですけど」

という悩みをよく受けます。

続きを読む»


2017年6月19日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田大学ワンセンテンス要約(文学部・文化構想学部)について


こんにちは。

こないだ、教室内のエアコンの使い方をバイトさんに訊いたときに、

「あそこのリモコンが『お焼き』になってまして」と言われ、

頭の中が長野県になってしまったのですが


続きを読む»


2017年5月 5日 | 尾形講師

尾形講師

2017年センター試験英語(筆記 読解)


さて、読解です。


設問の選択肢を選ぶ際、「本文中にこの単語出てきたなあ」くらいな、

ゆる~い根拠で答えを決めると間違う、

というのはセンター試験によくあるケアレスミスのパターンです。

続きを読む»


2017年1月16日 | 尾形講師

尾形講師

2017年センター試験英語(筆記 文法)


センター試験が終わりました。高3の皆さん、いかがだったでしょうか?

今年は「普通の」センター試験。

といえるのではないでしょうか。

続きを読む»


2017年1月16日 | 尾形講師

尾形講師

高2生の悩み


8月のはじめに、

沖縄の高2の生徒さんたちに向けて那覇で授業をやってきました。

その際に「勉強の悩み」について紙に書いて提出してもらいました。

続きを読む»


2016年8月29日 | 尾形講師

尾形講師

2016年センター試験英語(リスニング)


筆記その2の前に、リスニングについて。

問題形式の大きな変更点としては、・・・


続きを読む»


2016年1月21日 | 尾形講師

尾形講師

2016年センター試験英語(筆記)その1


センター試験が終わりました。高3の皆さん、いかがだったでしょうか?

続きを読む»


2016年1月18日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田大学商学部の英語(3)


さて、問題の解き途中でした。


今年の早稲田大学商学部の問題。

続きを読む»


2015年9月25日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田大学商学部の英語(2)


さて、次の問題を解いてみましょう。


今年の早稲田大学商学部の問題。

続きを読む»


2015年6月22日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田大学商学部の英語(1)


秋元先生がベンジャミンの話をしていましたが、

僕も最近バジルを育てはじめまして。

バジルでおいしい冷製スープを作った話とかしたいのですが、

このままいくと「趣味の園芸」ブログみたいになっちまいそうなので、

早稲田大学の商学部の話をします。

続きを読む»


2015年6月15日 | 尾形講師

尾形講師

15年度センター試験英語(筆記)

センター試験が終わりました。

英語の筆記に関しては難易度は例年どおり、といっていいでしょう。

語数は増えましたが、短いセンテンスで読みやすい文章が多く、

昨年度と比べると簡単に感じた人もいるかもしれません。

続きを読む»


2015年1月19日 | 尾形講師

尾形講師

センター試験の対策~時間のデザイン~

さて、いよいよセンター直前です。

筆記試験の時間配分についてお話しておきます。

いきなり結論から書きますが、

続きを読む»


2015年1月14日 | 尾形講師

尾形講師

センター試験の対策 ~解く順番~

センター試験にはなんか、必勝法があるような気がします。

自分が時間内に解けなかったり、不正解が多かったりするのは

そういう必勝法を知らないからなんじゃないかという。

続きを読む»


2014年11月 6日 | 尾形講師

尾形講師

秋に気をつけたいこと~高2, 高1生~

こんにちは。前の記事は高3向けのものだったので、

今回は高2, 高1生の皆さんのために

「秋に気をつけたいこと」について書いてみたいと思います。

続きを読む»


2014年9月17日 | 尾形講師

尾形講師

秋に気をつけたいこと

ここ1週間くらいでだいぶ秋らしくなってきました。

秋冬大好き人間なのでテンションが上がります。


しかし受験生の皆さんにとってはきつい時期かもしれません。

以前もこのブログに書いた記憶があるのですが、

やはり2学期前半というのは受験生にとっては

心身ともに最もハードな感じがします。

続きを読む»


2014年9月11日 | 尾形講師

尾形講師

センター試験をなめてはいけない

暑いですねー。

夏休みに入り、難関大の受験者の人は

そろそろ実戦的な問題に取り組みたいと考えている人も多いと思います。

「読解をバリバリこなしたいので、難しめの問題集をやりたい」と。



そういう相談に来る生徒さんに、僕がまず訊くのは、

続きを読む»


2014年8月 4日 | 尾形講師

尾形講師

「外国語」「国際」系学部志望者がやってはいけない2つの質問

時代の流れでしょう、

「国際系」や「外国語系」の学部の人気が増してきているな、

ということを日々強く感じています。

そして、そのぶんその系統の学部を受験する生徒さんたちの

メンタリティも変化してきているな、という気もします。

今回はそれについて。

続きを読む»


2014年7月 2日 | 尾形講師

尾形講師

2014年度早慶入試から見えてくること~「難関大の文法問題」とは~(2)

慶應法学部の問題の解説の続きです。

続きを読む»


2014年5月30日 | 尾形講師

尾形講師

2014年度早慶入試から見えてくること~「難関大の文法問題」とは~(1)

早慶を中心とする難関大の文法問題を見たときに、

「こんなん、自分がもってる文法の問題集に載ってない。解き方わかんない。」

と感じる人は多いと思います。

続きを読む»


2014年5月27日 | 尾形講師

尾形講師

2014年度スタート

2014年度が始まりました。

今年の東大・早慶を中心とする難関大学の入試について、

数回に渡ってお話しようと思います。

大学入試における英語という科目は

今後どのような変化を遂げるかわからない時期にある


と言っていいでしょう。

続きを読む»


2014年4月 8日 | 尾形講師

尾形講師

受験を終えた/終えかけてる皆さんへ(2)

続きです。

「目標から逆算して自分の進路を考える」

ということは大事なことではあります。

特に司法関係や医療関係の仕事を目指している人は

そういった作業が必要不可欠です。



ただ、皆が皆そういうわけではないと思うのですよ。

続きを読む»


2014年3月 4日 | 尾形講師

尾形講師

受験を終えた/終えかけてる皆さんへ(1)

2月も終わろうとしています。

あとは結果を待つのみ、という人もいれば、

既に進路が決まったという人もいるでしょう。

続きを読む»


2014年2月28日 | 尾形講師

尾形講師

2014センター試験(英語リスニング)

さて、リスニングです。



リスニングは、聴きとる量が多ければ多いほど難しい、

と考えている人がいるかもしれません。

しかし、現実にはむしろ逆なことが多く、

「短いからこそ聴き取れない」ということが起こります。

続きを読む»


2014年1月21日 | 尾形講師

尾形講師

2014センター試験(英語筆記)

センター試験が終わりました。

センター試験に関しては、お茶ゼミHPにも分析が載っています。

大問ごとの出題内容など、全体的な分析はそちらに譲るとして、

このブログでは目立った変化や、

キーとなる問題について解説しようと思います。

続きを読む»


2014年1月20日 | 尾形講師

尾形講師

英作文・要約問題について(2)

早稲田大学の文学部・文化構想学部では

150~300words程度の英文を読み、

それを英文で要約せよ、という問題が出題されます。

お茶ゼミでは、毎年早慶入試の分析を行うのですが、

その際、実際の合格者の答案と不合格者の答案の間に

大きく違う点がある
ということに気づきました。 ・・・

続きを読む»


2013年12月24日 | 尾形講師

尾形講師

英作文、要約問題について(1)

こんにちは。受験生の皆さんは、いよいよ追い込みの時期です。

この時期、「英作文/要約の記述問題を解いたので添削してください」

という生徒さんがよく講師室に現れます。

続きを読む»


2013年11月22日 | 尾形講師

尾形講師

「フレーズ」の理解

11月になりましたねー。

お茶ゼミの高2生は「秋スタート講座」の開始です。

「高2秋から受験生」。気合いを入れていきましょう。

続きを読む»


2013年11月 4日 | 尾形講師

尾形講師

秋ですねー

空気もだいぶ秋めいてきました。

どちらかと言えば寒い季節が好きな僕としては、

気持ちも盛り上がってくる時期です。

続きを読む»


2013年9月23日 | 尾形講師

尾形講師

リスニングが苦手なんですけど(3)

授業で、CDの音声を生徒さんに声を出してリピートしてもらう際に、

「息の長いセンテンスをリピートしようとすると、

息切れ(最後まで正確に言えない)してしまう」

生徒さんが多いという話をしました。


いきなりですが、ひとつ練習問題。以下の日本語を英語に直してください。

「明日、髪を切りに行こう(haveを使って)」。

続きを読む»


2013年8月12日 | 尾形講師

尾形講師

リスニングが苦手なんですけど(2)

リスニングの話の続き。

続きを読む»


2013年8月 1日 | 尾形講師

尾形講師

リスニングが苦手なんですけど(1)

いよいよ夏休み。お茶ゼミでは夏期講習も始まりました。

僕はちょうど今、リスニングの講座をやっています。

リスニング、苦手な人は多いでしょう。・・・

続きを読む»


2013年7月25日 | 尾形講師

尾形講師

難関大の文法問題

以前にも似たようなことを書きましたが、

「市販の文法問題集をひととおり解き終わりました。

答えはもう覚えちゃってるし、新しいのを買ってもっとガンガンやるべきでしょうか?」

という質問を受けることがよくあります。

真面目な受験生に多い悩みです。



この質問に対する僕の答えとは…

続きを読む»


2013年7月 1日 | 尾形講師

尾形講師

2013年度スタート!(2)

「○○が得意になるテク」的な、ハウツーばかりに頼っていてはダメ。

一時的には問題が解決してもすぐに別のところでつまずいてしまう。

前回はそんな話でした。

では、ハウツーに頼らない「自立した学習ができるマインド」とは

どういうものでしょうか。

続きを読む»


2013年5月28日 | 尾形講師

尾形講師

2013年度スタート!(1)

たとえば、「モテるテクニック」みたいな本があるとします。



本当にモテる人が、それを読んで思うことはおそらく、

「こんな当たり前のこと、言われるまでもなくない?」でしょう。

僕はモテないのでわかりませんが、そんな気がします。

続きを読む»


2013年4月22日 | 尾形講師

尾形講師

2013入試~難関大が問うていること~(2)

難関大が求めているのは「マニアックな力」ではなく

「本質をつかむ力」だという話の続きです。

前回出した問題はこれでした。

13年早稲田大学文学部の会話問題。

続きを読む»


2013年3月26日 | 尾形講師

尾形講師

2013入試~難関大が問うていること~(1)

こんにちは。

これを読んでくれている人たちは、

おそらく来年、再来年の入試へ向けてがんばり始めている

新高2、3生が多いことでしょう。

年度も変わり、新しい一年の幕が開こうとしています。

続きを読む»


2013年3月12日 | 尾形講師

尾形講師

13センター試験 英語

こんにちは。センター試験が終わりました。


受験生の皆さん、結果はいろいろだったでしょうが、

もう前だけを向いて突っ走らねばなりません。

高2, 高1生の皆さんは日ごろの学習を振り返る

良い機会だったと思います。


今回は速報的に13年のセンターを振り返ってみます。

続きを読む»


2013年1月22日 | 尾形講師

尾形講師

「自分の興味、適性」とはどういうことか

僕の高校生の頃の一番の思い出の話をします。

続きを読む»


2012年10月29日 | 尾形講師

尾形講師

9月になった途端に少し空気も秋めいてきましたね。


高3諸君は充実した夏を過ごすことができたでしょうか。

お茶ゼミの授業でも散々言っているけれども、

とにかくこの9~11月あたりは精神的にきついと思います。

というのも、・・・

続きを読む»


2012年9月 5日 | 尾形講師

尾形講師

夏休み

生まれてこのかた、「後悔」ということを殆どしたことがない。


お茶ゼミで僕の授業をとってくれている生徒さんや、

同僚の先生方ならわかってくれると思うけれど、

これはもちろん僕が「後悔のない完璧な人生を歩んできた立派な人間」

ということではない。

続きを読む»


2012年7月31日 | 尾形講師

尾形講師

夏休み前に身につけたいこと

夏です。

ついこの間、新学期が始まったと思ったら、もう夏。

受験生諸君、「夏を制する者は…」とさんざん言われつくしている

あの夏がやってきます。

今回は、高3生と高2生、それぞれについて夏休み前、

そして夏休みに心がけたいことを書きたいと思います。

続きを読む»


2012年6月29日 | 尾形講師

尾形講師

新年度・よくある質問、相談(3)

えー、メッセージで

「忙しいのはわかりますが、いい加減更新してください」

というお叱りを頂きまして。

ははは(笑ってる場合じゃない)。

すいません。


現時点で読解の学習にふさわしい教材、という話でした。

続きを読む»


2012年6月 7日 | 尾形講師

尾形講師

新年度・よくある質問、相談(2)

前回は「4択の文法問題集をやりこんでるんだけどイマイチ文法に自信がない」

という人に対し、

「その不安は問題集のみでは解決しない。

むしろ4択の文法問題集をやりすぎる人は成績が頭打ちになってしまう」

という話でした。

ではどうすればいいのか? 

続きを読む»


2012年5月11日 | 尾形講師

尾形講師

新年度・よくある質問、相談



ここ数回、「新年度の生徒さんから受ける典型的な悩み相談」についてです。

文法・語法問題集に関して、こんな悩みをもっている人が毎年います。

続きを読む»


2012年4月26日 | 尾形講師

尾形講師

新年度!!

さて年度も改まりました。

いよいよ受験生だ!と意気込んでいる生徒さんも多いでしょう。

今のその気持ちを忘れずに1年間頑張っていきましょう。

続きを読む»


2012年4月12日 | 尾形講師

尾形講師

12年センター試験英語(リスニング)



さて、センター試験リスニングの概括ですが、大きな変化はなし。

「差がつく問題」をいかに正答できるかがカギ。

といえるでしょう。

続きを読む»


2012年1月16日 | 尾形講師

尾形講師

12年センター試験英語(筆記)その2



センター試験英語(筆記)の続きです。

続きを読む»


2012年1月16日 | 尾形講師

尾形講師

12年センター試験英語(筆記)その1

明けましておめでとうございます。


さてセンターも終わりました。

まずは筆記に関して2回に分けて概括してみます。


高3生はラストスパートに向けての反省材料として、

高1、2生はこれから先の学習の指針として読んで下さい。

続きを読む»


2012年1月16日 | 尾形講師

尾形講師

英文の構造把握とは(3)

だいぶ間があいちゃいました。ごめんなさい。

もうだいぶ前の話ですが、続けます。


Cry me a river.という文の意味を考えてみよう、という話。

続きを読む»


2011年10月19日 | 尾形講師

尾形講師

英文の構造把握とは(2)

Cry me a river. I cried a river over you.という英文の意味は?

という話の続き。

続きを読む»


2011年7月13日 | 尾形講師

尾形講師

英文の構造把握とは(1)

いやしかし暑いですね。

夏ですね。



今回から数回に渡り、

「英文の構造把握」の重要性についてお話したいと思います。



さて、いきなりテストから始めます。

続きを読む»


2011年7月 4日 | 尾形講師

尾形講師

11年度早慶・難関国立入試(4)

さて、早慶入試の特徴の3点目、「まとめ力」「言い換え力」についての続き。

続きを読む»


2011年6月30日 | 尾形講師

尾形講師

11年度早慶・難関国立入試(3)

いやー、「早慶入試の特徴」の話をしておきつつ、

話途中で2ヶ月近く経ってしまいました。

ははははは。すいません。これからはマメに更新します。

実際「このブログ見てますよ」という話も結構お聞きします

(ありがとうございます)ので、

これからはマメに更新します。すると思います。



さて、早慶入試の特徴の3点目、「まとめ力」「言い換え力」についてお話します。

続きを読む»


2011年6月 2日 | 尾形講師

尾形講師

11年度早慶・難関国立入試(2)~早慶編~

早慶入試の特徴は以下の3つの点だという話の途中でした。

①語彙に対する「強靭な基礎力」

②正確に英文の構造の把握する「構造分析力」

③長文の大意の「まとめ力」「言い換え力」



今日は②についてお話しましょう。

続きを読む»


2011年3月24日 | 尾形講師

尾形講師

11年度早慶・難関国立入試(2)~早慶編~

今年度の、というか今年度「も」早慶入試の特徴は

以下の3つの点に絞ってお話しすることができると思います。

続きを読む»


2011年3月10日 | 尾形講師

尾形講師

11年度早慶・難関国立入試(1)

さて、この時期、お茶の水ゼミナールでは数多くの生徒さんが

入試の合格報告に来てくれています。

本当に、教師冥利に尽きる瞬間です。

続きを読む»


2011年3月 7日 | 尾形講師

尾形講師

長文の勉強法~秋の巻~(5)

えー。12月ですが、秋の巻です。

さすがに今回でこのシリーズはおしまい。

長文読解問題で

「なんとなく読めてるんだけど、詰めが甘くて得点できない」

という人のために、

英文の「正確なイメージをつかむ」ためのヒントを書いているわけですが、

今回はその後半です。

続きを読む»


2010年12月 3日 | 尾形講師

尾形講師

長文の勉強法~秋の巻(4)

「オイもう秋じゃねーだろうがヨオ」という突っ込みはナシでお願いします。



長文を読んでいて、

「大体意味は分かってんだけど、設問をボロボロ間違ってしまう」

という人は多いんじゃないでしょうか?

センターの過去問を解いているときなんかには起こりやすい現象です。



そういう人は・・・

続きを読む»


2010年11月19日 | 尾形講師

尾形講師

長文の勉強法~秋の巻~(3)

受験生のみなさん、最近辞書ひいてますか?



勉強を焦って辞書をひかなくなる、

というのがこの時期の「ヤバいパターン」のひとつです。

続きを読む»


2010年11月 3日 | 尾形講師

尾形講師

長文の勉強法~秋の巻~(2)

この時期、実戦を意識するあまり、

長文読解が雑になってしまう人が多いと書きました。

まず安心してほしいのは、スピードが必要な長文読解、

読みが多少雑になるのは仕方ないことで、

雑でもスピーディに読めるようになったというのは

ある種の進歩ではあるのです。



しかし、雑に長文を「なんとなく理解」できただけでは

得点には結びつきません。

続きを読む»


2010年10月27日 | 尾形講師

尾形講師

長文の勉強法~秋の巻~(1)

しばらく更新をサボってました。スミマセン。

続きを読む»


2010年9月27日 | 尾形講師

尾形講師

勉強のやり方、スケジュールの立て方(4)

人間というのは「短期的に見れば異常に忘れっぽいんだけど、

長い目で見れば、だいたいのことは覚えている」という話の続きです。

続きを読む»


2010年6月16日 | 尾形講師

尾形講師

勉強のやり方、スケジュールの立て方(3)

語学の学習というのは、とにかく前に進むことが大事だという話の続きです。

続きを読む»


2010年5月15日 | 尾形講師

尾形講師

勉強のやり方、スケジュールの立て方(2)

さて、前回は、僕が今勉強しているポルトガル語についての話でした。

テキストを3分の2ほど終えた後に数ヶ月間勉強のブランクが空いてしまった。

その後、

1.基礎基本は大事なので、テキストを最初から復習する。

2.全然何も覚えていないけど、とりあえず先に進んでみる。

のどちらが良いのだろうかという話でした。

続きを読む»


2010年5月10日 | 尾形講師

尾形講師

勉強のやり方、スケジュールの立て方(1)

ちょっと更新サボってしまいました。

ごめんなさい。



昨年からポルトガル語を独学で勉強しています。

理由は、ブラジル音楽が好きで、CD聴きながら一緒に歌いたいとか、

ブラジルに親戚が住んでいるとか、いくつかあるのですが、

ひさびさに「語学をゼロから学ぶ」という楽しさを噛みしめています。

そこで得た体験がいくつか皆さんのヒントになるかもしれないと思ったので、

今回はそこらへんのことについて書きたいと思います。

続きを読む»


2010年5月 6日 | 尾形講師

尾形講師

単語の覚え方(3)

「単語の覚え方」についての続きです。

これまでは「暗記ができない」「覚えても忘れる」

という悩みに関してお話してきました。

これと同じくらい多く寄せられる悩みがあるので、

今回はそれについてお話しましょう。

さて、その悩みとは……

続きを読む»


2010年3月16日 | 尾形講師

尾形講師

単語の覚え方(2)

前回の続きです。

単語の暗記スケジュールに関してお話します。



ただし、あくまでもこれは

「単語を覚えるのが苦手」という人のための勉強スケジュールで、

既に自分で暗記スタイルが確立している人はその方法で構いません。

続きを読む»


2010年3月 9日 | 尾形講師

尾形講師

単語の覚え方(1)

英語に関し、生徒さんたちから最も受ける質問が

「単語が覚えられないのですけど、どうしたらいいですか」

という質問です。

「暗記したのに忘れるんですけど、どうしたらいいですか」

という質問も多い。

ここらへんについて数回に分けて書いていこうと思います。

続きを読む»


2010年3月 4日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文 番外編その4

societyやconceptualという単語を例に

「抽象的な文章って、実は単語に騙されて抽象的に見えることが結構ある」

ということをテーマに数回お話しました。

こういう単語を理解するのに非常に役立つのが・・・

続きを読む»


2009年12月25日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文 番外編その3

前回の宿題。早稲田大学国際教養03年サンプル問題より。

ヨーロッパでは17世紀ごろに「科学革命(Scientific Revolution)」が

起こったとされている。

しかし「科学革命」がどのようなものだったかということについては、

歴史家によって意見が異なる。

このことは「科学革命」が歴史家のconceptual categoryだった

ということを示している。

こういう流れの文章。

さて、conceptual categoryとはどういう意味でしょうか?

というものでした。

続きを読む»


2009年12月21日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文 番外編その2

前回は抽象的な英文をどう読むか、

現代文的な設問にどう対処するか、という話でした。



宿題は “Humans are social beings.”という文の意味を考えよ、というもの。

続きを読む»


2009年12月11日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文 番外編その1

今回からは、早稲田だけに限らず、難関大全般の長文に関することです

(まあ前回までもそうだったのですが)。


以前も少し触れましたが、先日(つってもかなり前になりますが)

「抽象度の高い英文の読み方を教えてください!」

というメッセージを頂きました。



興味深い質問ですね、これは。

続きを読む»


2009年12月 4日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文(5)

長文読解というものは「一文一文を丁寧に読む方法」

「長い英文をスピーディに読む方法」、いろいろな策、ルールがありそうです。

続きを読む»


2009年11月25日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文(4)

09年早稲田大学商学部大問5(設問2)の解説の途中でした。

以下がその問題。

続きを読む»


2009年10月29日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文(3)

前回は「深いレベルでの単語の理解」が

早稲田の英語で求められていると書きました。



今年(09年)の早稲田大学商学部大問5(設問2)で実感してみましょう。

長文問題ですが、スペースの都合上、設問のエッセンスのみを書き出します。

以下がその問題。

続きを読む»


2009年10月22日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文(2)

前回、「早稲田の長文の学習法に具体的に踏み込んでいきます」

と言いましたが、一回だけ寄り道します(オイ)。

でも大丈夫。受験勉強と少しは関わる話です。・・・

続きを読む»


2009年10月16日 | 尾形講師

尾形講師

早稲田の長文(1)

ブログに対するコメントを結構いただいています。

ありがとうございます。

特に多いのが「早稲田の長文」について教えてくださいというものです。

お教えしましょう。


それと、先日頂いたコメントは、

「抽象度の高い英文の読み方について教えて!」というもの。

これまたお教えしましょう。数回シリーズでお送りします。




早稲田の長文、必勝法は何か?

続きを読む»


2009年10月14日 | 尾形講師

尾形講師

英作文で気をつけたいこと(3)

前回に続いて英作文の話。このネタは今回で完結です。

前回は「『正義』ぽいことを書こうとする→論理展開が甘くなる→つまんない」

解答になるという話でした。


何を書いてもこういう解答になってしまう、という生徒さんはいます。

人柄が良い生徒さんに多い。ですが人柄だけでは合格できない。

ではどうやったらそれを回避できるか、ということになりますが、

これは簡単です。・・・

続きを読む»


2009年9月29日 | 尾形講師

尾形講師

英作文で気をつけたいこと(2)

このブログに関して、励ましや質問など、

いろいろメッセージをもらっています。

やー、うれしいですね。どうもありがとうございます。



その中で、「早稲田の英語」、

特に長文問題や会話問題についていろいろ質問をもらっていますで、

近々まとめてそこらへんのことを書こうと思います。


前回の続き。

続きを読む»


2009年9月23日 | 尾形講師

尾形講師

英作文で気をつけたいこと(1)

秋ですね。

「自由英作文の添削をしてください」

という生徒さんが増え始める時期です。

早稲田大学では「賛成/反対の立場を示す」英作問題がよく出題され、

法学部、国際教養学部、そして2008年からは

政治経済学部がこの手の出題をしています。

例えば法学部。

続きを読む»


2009年9月10日 | 尾形講師

尾形講師

強靭な基礎力(2)




前回は



・“Where do we come from? What are we? Where are we going?”



(我々はどこから来たのか 我々は何者か我々はどこに行くのか)



というタイトルのゴーギャンの絵がある。



・ということをふまえて(ふまえなくともいいけど)





文法的に正しくないものを以下から選べ



①Which is you?②Which are you?③What is you?④What are you?

(07年慶応大学・法)



という話でした。

続きを読む»


2009年8月11日 | 尾形講師

尾形講師

強靭な基礎力(1)




少し前ですが、「ゴーギャン展」を見に行きました。



ゴーギャンが画家になったのは35歳なんですね。すごい。





おれは今年33歳だからあと2年残ってるな……。



何が残ってるのかわかりませんが。




まあそれはともかく。

続きを読む»


2009年8月 6日 | 尾形講師

尾形講師

会話問題

早稲田大・文、教育、そして慶応大・法などでは会話問題が出題されます。

難関大学だからなあ……と思って選択肢を眺めると、

やっぱりなーーんかマニアック。

スラングっぽい表現まで覚えなきゃいけないのか。

そうではありません。

続きを読む»


2009年7月23日 | 尾形講師

尾形講師

「ちょいムズ」単語の覚え方(2)

「ちょいムズ単語」を覚えるには、接頭辞、接尾辞の知識が必要。

というのが前回の話でした。具体的にはどんなものなのでしょうか?

続きを読む»


2009年7月14日 | 尾形講師

尾形講師

「ちょいムズ」単語の覚え方(1)

先日『それでも恋するバルセロナ』という映画を観にいきました。

その映画のレストランでの一場面。

スカーレット・ヨハンソン演ずるVickyというセクシーねーちゃんが、

男の画家に「流し目」を送ります。

それを見とがめた彼女の友人が、・・・

続きを読む»


2009年7月 8日 | 尾形講師

尾形講師

タフ構文(2)

こんにちは。

先日出した宿題は、

日本では「帰ってくれればうれしいわ」というタイトルで親しまれている

”You’d be so nice to come home to.”という曲の正しい意味を考えてみよう。

この文は「あなたが帰ってきてくれるとうれしい」という意味ではない。

というものでした。



この英文、何かヘンですよね。ヘンだと思ってください。

思いましたか。

文の末尾のtoがひじょーーーーに気持ち悪い。

前置詞toの後ろになぜ名詞が置かれていないのか。なぜだ。・・・

続きを読む»


2009年6月24日 | 尾形講師

尾形講師

タフ構文(1)

先日、ヘレン・メリルというジャズ・シンガーのライブに行ってきました。

もう80歳近いおばあちゃんなのですが、実に楽しい、チャーミングなステージでした。



さて、この人の有名曲に“You’d be so nice to come home to”という

タイトルのものがあります。



日本では「帰ってくれればうれしいわ」という邦題で親しまれている曲なのですが。

実はこの邦題、有名な誤訳なのです。



英文の最後のtoに着目。

なぜ、文尾にtoが置かれているのでしょうか?・・・

続きを読む»


2009年6月19日 | 尾形講師

尾形講師

はじめまして!

はじめまして、これから西川講師に代わって
英語を担当させて頂く、尾形です。

どうぞよろしくお願いいたします!!


2009年6月12日 | 尾形講師