【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> センター試験2017

秋元講師

センター試験2017


いまさらですが、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



さて、今年度のセンター試験ですが、僕は大いに評価します。


例年以上に作成者の気遣いを感じました。

本文は「本格的で難解なもの」、

でもその分

選択肢は至って明快」「ヒントになる注の多さ」

によって受験生が総崩れになることを防ごうと配慮があったように思います。

平均点は下がるでしょうが、

しかるべき訓練を積んできた生徒はしたたかに高得点を取ったでしょうし、

相対的に例年以上にその点数は輝きを増すでしょう。



具体的な講評はお茶ゼミのHPに載せていますので、

ご参考にしてみてください。

入試分析コラム センター試験2017
http://www.ochazemi.co.jp/column/center/2017/

センター要点攻略動画
http://www.ochazemi.co.jp/event/ev_center-challenge_pv2017.html



お茶ゼミ版の分析コラムの方は高1・2生に向けたものなのですが、

試験を受け終わった高3生にも伝えておきたい言葉があります。

と思っていたら、絶妙なタイミングで卒業生からコメントが届いていました。

その内容がまさに僕の思いを代弁してくれているかのような

ものであったので、ここに紹介します。

2年前にお茶ゼミを卒業して

今早稲田大学2年生のNさんからのコメントです。

ぜひ読んでみてください。



「一昨年卒業した、AdvancedクラスのNです。

センター試験がもう終わりましたね。なぜか2年も経った今日、

受験生だった頃のことを思い出してメッセージを送っている次第です。



センター試験が終わってから初めての授業で、

休み時間に出ていった秋元先生を追っていって

センターの点数があまりよくなかったと泣いたような記憶があります。

ずっと忘れていたことでしたが(笑)、

「全部8割いったなら希望はあるよ。」

とおっしゃってくれたときの気持ちとかがぶわぁっと溢れてきて少し泣きました。

先生のあのときの言葉と、法政大学の試験でうまくいかなすぎたおかげで、

早稲田大学に合格できたんだなあと思います。



先生がよくオリオン座の話をしていたので、

11月ごろはよく星を見上げて帰りました。

大学の授業で読むテキストは秋元式で、

波線、おわんかっこ、「たしかに」からの「しかし」とか...読んでいます。



大学では、勉強はそこそこでサークルばっかりやっています。

マンドリン楽部というところでマンドリンを弾いています。

大学で特に驚いたことは、

ほんっとうにいろんな世代の多くの人と話す機会がたくさんあることと、

同い年なのに自分の興味のある分野についてとことん語れる人がいたり、

めちゃめちゃ頭のキレる人がいたりすることです。

出会いが自分を豊かにしてくれると感じています。

心の底から、早稲田にこれてよかったと思います。



秋元先生は生徒やお子さんやエビでご多忙のことと思いますが、

もし、ご都合が合ったりしたら演奏会聴きにきてくださいね。

損はさせません。

それでは、お体に気をつけて。ありがとうございました。」



KEY:[秋元・入試・受験・大学・国語・難関・国立・早慶・現代文・古文・漢文・
センター試験・センター分析



秋元先生へのリクエスト・メッセージはこちら



☆お茶の水ゼミナールで国立・早慶GMARCH入試対策☆




2017年1月18日 | 入試傾向・分析