【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 2016年センター試験英語(リスニング)

尾形講師

2016年センター試験英語(リスニング)


筆記その2の前に、リスニングについて。

問題形式の大きな変更点としては、・・・



第4問Bが3人の対話を聞いて内容を把握するという問題になりました。

(第4問Aも、「ロブスター騒動」という妙ちくりんな話で、

苦戦した人が多かったようです...アメリカ人の友人が、

なぜか自分の日本人の上司を連れて話し手の家に遊びに来るという。

どんなシチュエーションなんだ。)

こういう長めの問題も大変ですが、

第1, 2問のような短めの問題でも

生徒さんたちのミスが目立つ問題が数問ありました。


ここではそのような問題をいくつか見てみましょう

(長めの問題に関しては、秋元先生も書いていた

お茶ゼミのセンター解説動画で扱います)。

短い素材って、少ない情報で瞬時に決めねばならないので、

これはこれで大変です。



第2問は最後の発言に対する相手の応答として

最も適切なものを選ぶ問題です。


問10

W: You don't like this kind of music, do you?

(こういう種類の音楽は好きじゃないでしょ)

M: Not really. How did you know?

(あまり好きじゃないんだ。どうしてわかったの?)

W: It was just a guess from your facial expression.

(あなたの表情から推測しただけよ)



①Actually I prefer jazz.

(実はジャズが好きなんだ)

②In fact, I'm not always right.

(実は、僕の言うことはいつも正しいとは限らない)

③It makes me feel like dancing.

(こういうのを聞くと踊りだしたくなる)

④Well, it's my favorite kind.

(そうだね、こういうの好きだよ)



解答は①.

ポイントは最初の部分の受け答えです。

You don't like...(...を好きじゃないでしょ)

Not really.(あまり好きじゃない)

の部分が正確につかめたかどうかでしょう。



noやnotは「否定文であることを表す語」なので、

このように最初の話者が否定文の場合、混乱する生徒さんがいます。


Not really. =I don't really like this kind of music.



という関係を瞬時につかめる頭を作っておきましょう。



問13

M: Summer vacation will be over soon.

(夏休みがもうすぐ終わるんだ)

W: Have you been enjoying yourself?

(楽しかったかい?)

M: Yeah, Grandma, but I won't be able to sleep much this week.

(うん、おばあちゃん。だけど今週はあまり寝られそうにないんだ)


①So will I.

②So will you.

③Why won't I?

④Why won't you?



正解は④(なぜ寝られないの?)。

この問題も最後の否定文, "I won't be able to..."に注意してください。

①は肯定文を受けて「私も同じだ」という意味ですので答えにはなりません。

ですが①, ②を選んだ人も多かったようです。


否定文に対する応答というのは、

リスニングのように瞬時に判断を行わねばならないシチュエーションでは

悩む人が多いようです。

慣れるには普段からの音読が最も効果的です。

苦手な人は何度も音読をして、

こういった "no"や"not"の感覚を正確に身につけましょう。




KEY:[尾形・英語・入試・受験・大学・東大・早慶・難関・センター試験・筆記]


尾形先生へのリクエスト・メッセージはこちら


☆お茶の水ゼミナールで国立・早慶GMARCH入試対策☆




2016年1月21日 | 入試傾向・分析