【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 13センター試験 英語

尾形講師

13センター試験 英語

こんにちは。センター試験が終わりました。


受験生の皆さん、結果はいろいろだったでしょうが、

もう前だけを向いて突っ走らねばなりません。

高2, 高1生の皆さんは日ごろの学習を振り返る

良い機会だったと思います。


今回は速報的に13年のセンターを振り返ってみます。

今年のセンター、一言でいえば


「平易な第1~第2問。手こずる第3~6問」


といったところでしょうか。

第1~2問(発音、アクセント、文法)ですが、

特に文法の部分は基本レベルの問題のみという印象です。

高1,2生にとっては自分の基礎力がついているかを確認できる

良い材料だと思います。

第3~6問、つまり読解の部分ですが、

ここは例年以上に「時間が厳しかった」という人が多いようです。

また、紛らわしい選択肢も結構ありました。

英文自体はそれほど難易度が高いというものでもなかったのですが、

受験生の実感としては「解きにくい」という印象があったようです。

言い方を変えると、高得点をとるにあたって、

差がつくとしたらこの第3問から先ということになるでしょう。

今回は速報として、ここまでにしますが、

この読解問題に関するポイントをいくつか、

「要点攻略動画」と銘打って、動画で講義しますので、

興味がある方はお茶の水ゼミナールのHPにアクセスしてみてください

(1月25日木曜からアップされる予定です)。



KEY:[尾形・英語・入試・受験・大学・センター試験・センター分析・文法・読解]

尾形先生へのリクエスト・メッセージはこちら

☆お茶の水ゼミナールで国立・早慶GMARCH入試対策☆




2013年1月22日 | 入試傾向・分析