【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 年年歳歳、歳歳年年

秋元講師

年年歳歳、歳歳年年

3月に入ってもなお冬の冷気に包まれていますが、

お茶ゼミでは今年もたくさんの花が開く時期を迎えています。

今年度は未曽有の震災からのスタートでしたが、

粛々と淡々とやるべきことをこなして歩を進めていくと、

ちゃんとしかるべき結果が訪れるのだなと生徒たちから教えられています。



講習だけの進研ゼミ生からも第一志望の早稲田に合格したとの報告を、

このブログのコメントを通じて複数いただきました。

去年、浪人が決まって厳しい言葉で送り出した男子生徒も、

今日久しぶりにメールがきて、上智合格と早稲田補欠合格の状況で、

進学先が確定したら挨拶をしに伺いたいとのこと。

本当にいろんな子たちが一足早く春を迎えてほころんでいます。



年年歳歳。歳歳年年。

今年は例年にまして感ずるものがあります。

おめでとうございます。よくがんばりました。

きみたちは僕の誇りです。

ありがとう。





さて、今回のブログは告知みたいなものです。

二つあります。

一つは、今年からお茶ゼミのホームページ上で、

センター試験速報」だけではなく、

東大」「早慶」の入試速報分析がアップされています。

これから受験を迎える高1・2生(新高2・3生)向けに

書かれたものなので是非読んでみてください。

僕も「早稲田・国語」の欄を執筆しました。

先日お茶ゼミで行われた「早慶ミーティング」で扱った入試問題とは

また別の問題(現代文)を紹介していますので、

イベント参加者もあらためて目を通してみてください。

各教科の先生方の文章を読ませていただいて僕も刺激を受けました。

http://www.ochazemi.co.jp/column/center/2012/





もう一つは、年末にネット上で公開された

「進研ゼミ高校講座 冬の特別ライブ講義」の

「春」版ができることになりました。

「春」版は、前回と違いガチンコで現代文の講義に挑戦してみました。

進研ゼミの4月号教材を使って真正面から授業したのですが、

扱った問題が早稲田・教育H.16年なので、

もしよかったらゼミ生に限らず

問題を入手して観てみるといいかもしれません。

もちろん、これを機会に進研ゼミに入会してみるのもアリですよね。



いつ公開かは失念したのですが、撮影は先週ありました。

撮影のたびに毎回思うのですが、僕の時間感覚はハンパないです。

前回同様30分放映の番組なんですが、

一発撮りで講義29分、締めの言葉1分の最短で終わりました。

通常は3倍の1時間半くらいかかるものなので、

これは相当すごいことです。

普段の授業では延長しまくるし、時間にルーズなのに、

映像の時にだけ僕の秘められた時間感覚が覚醒するようです。

ものすごく自慢したかったので、自慢しました。

ただ、これも毎回思うことなのですが、

中身のクオリティが伴っているかは別問題です。

相変わらずの悪声の早口で、途中激しく咳き込んだり、

スーツが脱ぐに脱げなくてじたばたしたりして

放送事故のような印象を与えかねないのではないかと懸念しています。

何回か観ていただいて少しでも

僕の真意が伝わればなあと願うばかりですが、

僕自身は今回も僕を直視できないと思います。



というわけで、新年度まで一週間ほど間が空きますが、

またの再会を楽しみにしています。

以上、告知でした。



---------------------------------------------------



※編集部からの補足です

先生が文中でおっしゃっている

「進研ゼミ高校講座 冬の特別ライブ講義」の「春」版というのは

「春の特別ライブ講義」のことで、

4月5日(木) 20時50分~ WEBで公開予定です。

ぜひチェックしてみてください♪



◆春の特別ライブ講義

http://live.kzemi.jp/k3/2012spr/index.html



---------------------------------------------------



KEY:[秋元・入試・センター試験・分析・受験・大学・東大・早慶・国語・現代文・古文・漢文]

秋元先生へのリクエスト・メッセージはこちら

☆お茶の水ゼミナールで国立・早慶GMARCH入試対策☆


 


2012年3月 7日 | 入試傾向・分析