【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 慶應大・法 合格復元答案(1)

中村講師

慶應大・法 合格復元答案(1)

先日アップされた西川先生のブログは、現在慶應法学部1年のK.M.

さんの「英語勉強法」を紹介していました。

実はこのK.M.さんは、私の論文クラスの出身者でもありまして、

いつも真剣に答案作成に取り組んでくれる優秀な生徒でした。

今回彼女の「英語勉強法」を読んでみて改めて確認させられたのは

セルフ・コントロールのできる人は受験に(おそらく他のことにも)

強いという単純な事実ですね。

現役時代にあそこまで計画的に勉強したことのない私(だからしっか

り一浪してますが・・・)からすれば、うらやましい限りです。


ところで、K.M.さんの「英語勉強法」の最後にこんなことが書いて・・

・・ありました。

「特に慶應の問題ははじめは5割程度しかできなかったが、

根気よく続けていたら7割はいくようになった。」

では、本番の結果はどうだったのでしょうか。

ありがたいことに、彼女は慶應法合格後に自分の答案を復元してく

れていたのです!

以下はその英語と歴史の採点結果です。

何がともあれ「しかと見るべし」です。


K.M.さん 2008年度 慶應義塾大学法学部政治学科合格答案


英語
Ⅰ[A](1)×(2)×(3)○(4)○(5)○(6)○
[B](7)○(8)○(9)×(10)○
Ⅱ (11)○(12)×(13)×(14)○(15)○(16)×(17)○(18)○
(19)○(20)○(21)○(22)○(23)○(24)○(25)×
Ⅲ[A](26)○(27)○(28)○(29)○(30)○(31)○(32)○
[B](33)○(34)○(35)○(36)×
[C](37)○(38)○(39)○
Ⅳ(40)○(41)×(42)×(43)○(44)×(45)○(46)○(47)○
(48)○
Ⅴ(49)○(50)○(51)×(52)×(53)○(54)○(55)×(56)×
(57)○(58)×(59)○(60)○(61)○
61問中45問正解 = 正解率 74%

 


世界史

問題Ⅰ(1/2)○(3/4)○(5/6)×(7/8)○(9/10)○(11/12)○

(13/14)○ (15/16)○(17/18)○(19/20)×(21/22)○(23/24)○

問題Ⅱ(25/26)×(27/28)○(29/30)○(31/32)○(33/34)○

(35/36)○(37/38)○(39/40)×(41/42)○(43/44)○(45/46)○

(47/48)○(49/50)○

問題Ⅲ(51/52)○(53/54)×(55/56)○(57/58)×(59/60)×

(61/62)×(63/64)○(65/66)○(67/68)○(69/70)×(71/72)×

(73/74)○

問題Ⅳ(75/76)○(77/78)×(79/80)○(81/82)○(83/84)○

(85/86)○(87/88)○(89/90)○(91/92)×(93/94)○(95/96)○

(97/98)○(99/100)○

50問中38問正解 = 正解率 76%




 


 


 


 


 

英語(200点満点)の方の配点が分かりません(100点満点の世界史は

「みなまで言うな」ですよね?)ので、正確な点数は分かりませんが、

慶應法は英語も地歴も単純計算でだいたい7割5分以上を確保すれば、

かなり高い確率で合格できるということになるでしょう。


この基準は、他のお茶ゼミ生合格者の復元答案を見ても、それほど

動かないようです。

もちろん、地歴で7割を切っているのに合格できた人もいますが、そう

いう人は英語は8割以上を確保していて、きちんと「埋め合わせている」

ものなのです。

「根気よく続けていたら7割はいくようになった。」

というK.M.さんの努力が本番の結果にそのまま直結したと言うべきでし

ょう。

・・・おっと、小論文以外について書きすぎました。

もちろんK.M.さんは小論文も復元答案を残してくれていますので、

それは次回に見ることにしましょう。



KEY:[慶応大法・合格答案・正解率・合格基準・復元答案]



この先生へのリクエスト・意見など


2008年12月29日 | 小論文