【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 2008年7月のエントリー

中村講師

慶応入試では、「論文で合否は決まらない」って本当?(1)

夏休みに入りました。

お茶ゼミでも夏期講習まっさかりです。

英語などの主要教科はもちろんのこと、高校3年生対象の論文の

授業でも

「来年の夏は慶応生として迎えるゾ(楽しむゾ)」

という志望者の熱気が伝わってきます。

そんないつもの通りの夏なんですが、この時期特に慶応の論文

に関してよく語られる噂があります。

それは…

続きを読む»


2008年7月24日 小論文

秋元講師

「ボーナス・トラック」

前回のブログにたくさんのメッセージ本当にありがとうございます。

大いに力を貰いました。これからもよろしくお願いします。



というわけで反響の大きさに調子に乗って今回もう少し現代文について

補記してみます。古文は次回に是非。

前回挙げたマニュアルの「内容二の次、構造ありき」はしばしば誤解されます。

「内容を理解するのが現代文なのではないか、内容はどうでもいいとは

どういうことだ」と。

いえ、そうではなく「全体の構造が掴めないとそもそも内容が精確にわからな

いし設問も解けない」のです。

それを痛感する出来事が僕自身にもありました。

1浪の時です。・・

続きを読む»


2008年7月22日 早稲田

中村講師

慶応小論文の鍵――キーワードを駆使する(2)

前回の続きです。

前回示した問題は2002年慶応法学部のものですが、この年法学部に

合格したお茶ゼミ卒業生(ということはもう社会人になっているはずです)

はこんな答案を書いてくれました。

もちろん、英語と地歴は7割以上ちゃんと取れてましたよ。

続きを読む»


2008年7月 8日 慶應