【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 2008年3月のエントリー

中村講師

続・慶応論文の極意!?

例年この時期の私の楽しみは、慶応論文の最新出題をチェックすることなんで

すが、今年も楽しませてもらっています。

日本における欧米的知識のあり方という定番で来た法学部、文学的エッセイの

解釈論を求めた文学部、現代社会の諸問題を問う経済学部……各学部の個性

を反映した出題ですね。

このブログでもそのうち扱うことにしましょう。

さて、今回は・・・

続きを読む»


2008年3月11日 小論文

秋元講師

「田尻悟郎先生」

今日、田尻先生の研修会がお茶ゼミでありました。

田尻先生はパーマー賞を受賞されている方でとにかく「本物の教師」だとの

評判は耳にしていたのです。

西川先生はすでに田尻先生にお会いしたことがあって、その日感極まった

面持ちで「ありゃホンモンやで」と何度も僕に言うのです。

昨日お食事をご一緒させていただき、今日またお話を伺うことができて、

僕もものすごく感銘を受けました。

あえて一言で形容するならば、とても「磁力」をお持ちになった先生でした。

その磁力の根源には生徒に対する圧倒的な「慈愛」がある。



この「慈力」に生徒は惹かれ成長するんだなあと、僕もすっかり生徒気分に

なってしまいました。同時にまた今なお切磋琢磨されて魅力を増し続けていく

田尻先生の姿を見て大きな勇気もいただきました。

田尻先生、ありがとうございます。

今僕は猛烈に授業がしたい気分です。ああ、早く教室で君らに会いたい(笑)。

というわけで、授業します。

まずは設問文を紹介しますね。

続きを読む»


2008年3月 4日 古文