【Benesseマナビジョン・お茶の水ゼミナール】
難関国立・早慶 合格の流儀

トップ> 難関国立・早慶 合格の流儀> 2008年2月のエントリー

中村講師

慶応小論文の極意!?

このブログの小論文を担当する中村です。はじめまして。

「天は人の上に人を造らず…」と言えば、言わずと知れた

慶応義塾の創設者福澤諭吉の言葉ですが、東京三田にある

慶応の建物の入り口にはそのラテン語訳が彫られています。



それを直訳すると「人は人の上にも下にも造られていない」という受動態に

なります。つまり「天」にピッタリ対応する西欧語はないのですね。



まさか「神」を意味する単語は使えませんしね。

それで人を主語にして受動態に変えて訳したというわけです。

なんでこんな話を書くかというと、こんな状況判断が慶応は結構上手で…

続きを読む»


2008年2月19日 小論文

秋元講師

僕が最初に出会った早稲田の問題

はじめまして。秋元です。

現代文・古文を通して早稲田大学の魅力を皆さんにお伝えしようと思っています。

プロフィールに「早稲田大学をこよなく愛す」とありますが、 正確には僕は「早稲田の

入試問題」を・・・

続きを読む»


2008年2月12日 古文