助成情報

助成情報

2017年12月11日

2017年度「重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成」助成先決定のご報告

第三回目となります「重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成」につきまして、助成先が決定いたしましたので、ご報告いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

■第三回 概要:
・募 集 期 間:2017年7月1日~2017年8月31日
・助成金総額:10,000千円
・応 募 数 :18件
・採択事業数:8件(計11,051,210円)


■選考委員長からのコメント:
 本助成は、重い病気により、学習環境に困難を抱える子どもたちの意欲を高め、学びに向かい、取り組む手助けとなる事業を対象としたもので、3年目の実施となります。
 本助成の認知が高まり、全国からの応募となってはいますが、応募団体は18件と昨年より減少しました。依然として担い手が多くなく、これから広がっていく領域であると感じております。助成選考委員会にて、事業の趣旨に即して厳正に審査を行い、8件を採択しました。
 今回の審査でも例年通り、活動団体と共に育てていく領域であること、地域のニーズを表出していくことも重要と意識し、以下を重視しました。
  ・モデル性
   モデルとなりうる効果的なプログラムやコンテンツ、ツール、ノウハウ等があるか
  ・地域との連携
   病院や学校などとの連携により、活動の実効性が高いか
  ・継続性
   財源確保や広報の方法が充実しているか
 申請団体の中には、非常によい取り組みであるのに、運営基盤や資金面から、事業の継続性に課題を抱えている状況も見うけられました。今回採択された助成団体の皆様は、申請事業の目的が明確であり、本テーマで先行して活動されている団体として助成金活用の好事例となることを期待しています。その活動がモデルとなり、よい活動が普及していく一助になれば幸いです。
当財団としても、本活動テーマに対する社会的な認知・関心を高めていけるような活動にも取り組んで行きたいと考えています。

公益財団法人ベネッセこども基金
理事・選考委員長
耳塚寛明


■助成団体名・事業名一覧:

特定非営利活動法人 絵本カーニバル
  事業名:長期に入院する子どもたちに、絵本とワークショップを通じて学習体験とコミュニケーションを届けるプロジェクト

特定非営利活動法人 OnPal
 事業名:重い病気で入院するこどもを対象とした音楽授業等の実施と他地域への展開

一般社団法人 こどものホスピスプロジェクト
 事業名:重い病気を抱えるこどものための、体験型のまなびプログラムの環境整備事業

特定非営利活動法人 チャイルド・ケモ・ハウス
 事業名:重い病気を抱える子どもとその家族への遊ぶ機会、学ぶ機会を届けるボランティアスタッフ派遣事業

特定非営利活動法人 ポケットサポート
 事業名:自宅療養中の病弱児と学習支援者を双方向Webで結ぶ学習支援事業

特定非営利活動法人ミューズの夢
 事業名:子ども達の芸術分野(音楽・アート)の学び・遊びをサポートする人の育成と派遣

特定非営利活動法人 み・らいず
 事業名:医療的ケアが必要な子どものイベントと保護者向け、支援者向け研修会

特定非営利活動法人 ラ・ファミリエ
 事業名:高校生を中心とた入院中及び復学支援者育成


なお、各助成団体からのメッセージの詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

2017年度「重い病気を抱える子どもの学習支援活動助成」助成先決定のご報告

戻る

PDFがついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。

ページの先頭へ戻る