助成事業

2016年12月12日

平成28年度「重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成」結果のご報告

第二回目となります「重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成」につきまして、助成先が決定いたしましたのでご報告いたします。

■第二回 概要:
・募 集 期 間:平成28年7月1日~平成28年8月31日
・助成金総額:10,000千円
・応 募 数 :23件
・採択事業数:8件(計  10,654,500円)

■選考委員長からのコメント:
 本助成は、重い病気により、学習環境に困難を抱える子どもたちの意欲を高め、学びに向かい、取り組む手助けとなる事業を対象としたもので、今回が2年目の実施となります。
 本助成は、これから広がっていく領域であり、担い手も多くないと想定していました。 実際、応募団体は23件と他助成に比べ少なめでしたが、昨年度に引き続き応募された団体を含め、第1回より応募数を増やすことができました。選考委員会にて、募集趣旨に即して厳正に審査を行い、8件を採択しました。
 今回の審査では、活動団体と共に育てていく領域であること、地域のニーズを表出していくことも重要と意識し、以下を重視しました。
  ・モデル性
   モデルとなりうる効果的なプログラムやコンテンツ、ツール、ノウハウ等があるか
  ・地域との連携
   病院や学校などとの連携により、活動の実効性が高いか
  ・社会的波及効果
   活動の社会的な周知理解が図りやすいか

 今後は、昨年度の助成団体も含めての交流会や現場の視察などを通じて、情報共有をし、学びあい、連携を促しながら、共通の課題に対して解決の糸口を提示できるようにしていきたいと思います。
 今回採択された助成団体の皆様には、本テーマで先行して活動されている団体として、地域での実績作りを期待しています。その活動がモデルとなり、よい活動が普及していく一助になれば幸いです。

公益財団法人ベネッセこども基金
理事・選考委員長
耳塚寛明

■助成団体名・事業名一覧:

特定非営利活動法人 OnPal
 事業名:重い病気で入院するこどもを対象とした音楽授業等の実施と新たなプログラムの創作

一般社団法人 Kukuru
 事業名:在宅療育を受ける子どもへの学習指導員派遣に関するトライアル事業

一般社団法人 こどものホスピスプロジェクト
 事業名:重い病気を抱えるこどものための、"ダイバーシティなまなびのプログラムと環境の開発事業

駿府博物館 / 公益財団法人静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団
 事業名:駿府博物館・静岡文化芸術大学・静岡県立こども病院三者連携 「ブリリアント・スマイル・プロジェクト」

特定非営利活動法人 チャイルド・ケモ・ハウス
 事業名:重い病気を抱える子どもたちの遊ぶ機会、学ぶ機会を届けるボランティアスタッフ育成事業

特定非営利活動法人 ポケットサポート
 事業名:自宅療養中の病弱児と学習支援者を双方向Webで結ぶ学習支援事業

特定非営利活動法人 み・らいず
 事業名:動ける医療的ケア児が学ぶ機会をつくるための保護者交流会セミナーと支援者研修会

特定非営利活動法人 ラ・ファミリエ
 事業名:入院中及び復学支援のための支援者育成事業

なお、各助成団体からのメッセージの詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

平成28年度「重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成」結果のご報告

戻る

PDFがついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。

ページの先頭へ戻る