女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリアーカイブ

<< Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | Next >>

『リズム』〜とれていますか

2018年01月10日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

みなさん、あけましておめでとうございます( ˘ω˘ )。

今年もよろしくお願いします。

みなさんお正月そしてその後の連休はいかがお過ごしですか?

国内外の旅行、実家でゆっくり寝正月、職場の夜間当番など、いつもと違うリズムだったのではないかなと想像します。

 

だから、今日は『リズム』について。

これの片鱗を知ることで、自分がどう行動したら自分らしくいられるのか?

お子さんが感情表現や興味を広げる子になるのか、たくさんたべてくれるのか、親御さん自身が子供や社会で誰かと共感しながら幸せを感じやすく幸せに暮らしやすくなるのか。

工夫するヒントがつまっています。

大事すぎて1回では話せないので、今日はリズムのイントロダクションと概念を探ります(=゚ω゚)ノ。

 

私がリズムについて興味をもったのは、数年前に基礎研究とリハビリの方々の勉強会参加しこと、アメリカの The Center For Discoveryにインターンシップした際、問題行動やストレス、障害児に対して治療に先立って『リズム』が整えられていたこと、アメリカでの音楽療法が完全に治療として絶大な効果を生んでいたこと、ハーバードのJohn.J.Rateyからもったいないぐらいの運動の知識を直に教えてもらえる関係ができたこと、生まれる前から大人になるまで人間はリズムを獲得してリズムを成熟させて生きていくのだと教えてくれる素晴らしい日本の研究者との出会いからでした。

 

『リズム』は、疾患の概念すらゆるがすテーマです。

それは研究者が言うように細胞レベル、臓器レベル、個体レベル、個体間レベルとの分け方のみならず、自転や公転そして自律神経とかかわる睡眠や排便リズムなどの分け方、ほかにも一番想像しやすい音楽のリズムなどがあります。

原始の時代から 人間の進化がなだらかに進んだのではなく、ある時期ごとに一気に加速したこととも関係している一方で、最新の研究では脳波の状態を見分けることによって、スポーツの効率を上げたり、意思疎通の確認ができたり、学問の進歩は測りきれません。

これからも研究はどんどん発達します( ^ω^ )。

 

人間の技術は素晴らしいですが、しかしどうでしょう?

私たちの能力は、技術の発展によって本当に発達へ向かうのか、後退に向かうのか(。´・ω・)?

私たち自身の感情をゆさぶるような五感を含めた能力は今以上に技術が発達し過ぎて『リズム』が消えた時どうなってしまうのか?

寝不足とは?

好き嫌いとは?

うつとは?

成人病とは?

同じ症状リズムが取れている人と、とれていない人では対処方法を実は変えるべきなのです。

 

人間はいつからリズムをもつのでしょう?

赤ちゃんの胎動の始まりは妊娠 7から8週間です。

生まれる前には心臓の拍動と、唇の運動が連動するのです。

そしておなかの中でゴソゴソ動いてみて、自分と自分でないものを区別(!)していきます。

おなかの中ですでに睡眠のリズムが正常にとれる子と、取れない子が分かれます(*^-^*)。

感覚もすでに生まれる前に発達していきます。

胎内の環境を触って見たり感じた感覚と運動が連動して、動くことでさらに動きが複雑になって何度も何度も動きを確認しさらに発展させていくのです(^_-)-☆。

言い換えれば、自ら動きまわりの環境変化に対応していくことで、同じ子供でも発達も仕方のバリエーションは大きく変わります。

つまりその個体の最終発達形がかわる( ˘ω˘ )。

病気と診断されないまでも環境対応の細胞レベルの経験や、睡眠リズムが整わないまま大人になったりすると、その人は「自分は何となく昔から焦ったり、そわそわしたり、集中力がキープできないなあ。」と感じていたりします( ..)φメモメモ。

 

実は近年のおちつかないお子さんの中にも、リズムの問題が大きな要因となり、また解決策となる子がいます。

言い換えかえればリズムを知ることでより、五感を働かせることができてより自ら工夫して幸せを見つけやすくなるということもできます(^^ゞ。

 

近年の疾患数の増加は、遺伝的な要因だけでは説明がつかないことが多く、触ったもの、食べたもの、やりとり、自然や化学的環境変化とあかちゃんの時から今までの細胞の経験が大きく影響しています。

 

人間の脳はすごくて、視覚障害など一部の機能が障害されると、第6感といったものが発達したりします。

つねに私たちはおなかのなかにいた時から変化して、発達することができます(*^^)v

 

次回からは具体的に自分の環境を自分で幸せな方向に整えるヒント、例えば睡眠から排便から、アタッチメントから、興味から、簡単で人間の細胞を整える実際の料理まで満載して、状況も環境もそれぞれ違う親や子が、それぞれのスタイルで自ら幸せを工夫して捜しに行けるヒントをお送りしたいと思っています(^O^)/ 

インフルエンザと歯磨き

2017年12月15日(金曜日) 00時00分 川崎 万知子

皆さんこんにちは。

いよいよ年末も近づき忙しい日々の方も多いのではないでしょうか?

 

寒くなるとインフルエンザの話題も出てきますが、今年はワクチンの不足もあったので受けられていない方もいらっしゃるかもしれません。

お子さんは勿論、待ったなしの生活をしているママさんも体調管理は大切ですね。

 

以前テレビで内科の先生が、歯磨きでインフルエンザの予防が出来るというお話をしていました。

仕組みとしては、お口の中の菌から出たプロテアーゼという酵素がインフルエンザウイルスの感染を助けてしまうので、そのそもそものお口の中の微生物(細菌やウイルス等)を減らしておけばよい、という事です。

そのためにある高齢者施設で歯磨きを徹底したところ、その冬のインフルエンザの発症が10分の1に減ったのだとか。

凄い効果ですよね。

 

勿論 手洗い、うがい、栄養、休養、といった基本は忘れずに・・。

 

このように自分での歯磨きも大変重要ですが、その道のプロである歯科衛生士さんにきれいにしてもらえばなお安心です。

 

年末の大掃除の感覚でインフルエンザ予防にも歯医者さんで検診とお口の中の大掃除をしてみてはいかがでしょうか?

わくわく大事な記憶

2017年12月06日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

こんにちは(^-^)

今年の冬は寒そうですね!

はじめて雪をみるお子さんもいるでしょう。
機会があれば、ぜひ雪に触って一緒に遊んでみてください。

 

そういう感覚はずーっとからだと心が記憶します)^o^(

 

子どもの頃の経験や感情の豊かさは、大人になった時の考え方の豊かさにつながっていきます。

 

大人になっても、雪まみれで遊んでみてください。
ママも何か懐かしい感情が出てくるはず。
「懐かしい」は、経験したり共有したり、冒険したり、チャレンジした事があるから持てる感情です。

 

以前も書きましたが、感情を伴ってこそ脳は良く記憶する(*^ω^*)

 

扁桃体と嗅神経から海馬って所に情報がつたわるんです。
楽しい思い出とともに食べ物や、春の匂いなど!
この反応は画像で確認すると0.132秒。
一瞬一瞬が大事なんですねー♪( ´▽`)

 

 

大事な瞬間で思い出したけれど、最近、ドラマの陸王を見ています。
大人も輝いてますね。
本でもいいなあと思うのは「NASA より宇宙に近い町工場」(植松努 著)。
どちらも与えられた環境をこなすのではなく、発見したり考えたり、工夫したりすることのできる人の人生は、きっとわくわくして1日1日が大事な記憶になりますね。

 

そんなの無理だと諦める前に、やってみては考える。
この本読んでなかったら是非読んでみてください。
そうやって考えられる人はいくつになっても、人生を楽しむことができる。
失敗する気持ちもわかるし頑張る人を応援できる。
人生を楽しんで人と共有できる大人がいるだけで、子どもは失敗しても人生は工夫できるものなんだと知ることができますネ(о´∀`о)

 

 

主婦だから、何か始めちゃいけないなんてことはないですヨ(^_^)v
編み物?スキーとかスポーツ?通信講座?スキルを活かした何か?
わたしのママってこんなのやってたんだ♪( ´▽`)とか、お子さんが、ママすごいなあ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶なんて応援してくれたりするかもしれない。
きっと夢を持つお子さんになるかもしれない(//∇//)

 

ヨガも映画も演劇もお子さん連れOKのものがあるからチェックしてみてください(*^^*)

 

わたしは去年英語の猛勉強をはじめて、留学しましたが、娘が牛乳パックで作ってくれた「英語がペラペラになる。」と書かれたお守りを洗面台にかけて毎日眺めていたんです。
娘は何か貢献している気持ちになったみたいです。
最近「ママ、最近英語がペラペ!(๑・̑◡・̑๑)」と言ってくれました。「ペラペラ」まであと一文字‼️

 

 

例えばお受験する方は悩むと思うのですが、お受験のためにお勉強するのか、興味たっぷりで、モチベーションがあって勉強するのかでも、その後は変わりそうです。

 

また今度モチベーションのもつチカラについてはお話ししまーす♪( ´θ`)ノでは良い一日を♫
<< Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | Next >>

ページトップへ