女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリアーカイブ

女性の寿命とその使命?

2018年10月23日(火曜日) 12時34分 江澤 佐知子

暑かった夏が終わり、もうすっかり秋ですね。
お芋掘りや涙腺崩壊の運動会が終わると、
子供たちの学校も冬への準備季節の到来です。

子供を産んでから一年のサイクルがマッハになりました。


私は産婦人科医師として働きつつ、法律学の博士課程で 

'高齢妊娠や若年でがん治療をした妊娠希望のある方々の多様な臨床研究を
医事法の側面から研究する'

ということをしています。

昨日も発表がありました(どっと疲れました〜)。

が、

こんなテンテコマイな時に限って
子供の学校行事がつづいたり
ベランダに怪我をした鳥が瀕死の状態でいるのを発見して保護した
と、忙しさに拍車をかけたマックス状態で 何かを忘れるのでは??
と不安で気もそぞろ。。

IMG_9751.jpg(夜間専門の獣医 梅原先生)

の中、研究を続けることは

トギレ時間しかない子育て世代の私達にとって
とてもチャレンジングで苦しいことでもあります。
こんなママを姿を真似っ子の達人☆子どもたちはみています。

IMG_9977.jpg

宇宙飛行士選抜のファイナリストになる前もその後も
様々なチャレンジが有り、現在に至っていて

逆にそのチャレンジの中で、子供を育てることは
最も大きいチャレンジであり、
今までにない学びも多々あります。

それは、このブログを読んでいるどのお母さんも同じで
日々のたくさんの葛藤の中に、
楽しみや工夫や出会いがあっての生活だと思います。


ヒト以外の哺乳類は、寿命と産み育てがほぼ同じ時期ですね。
その一方で、わたしたち女性は閉経してもそのあと
寿命をまっとうするに充分な年月があります。

多々進化論は存在するものの、

『自分がどんな選択肢を選んでも良いのです。
その選択肢によって存分に人生を謳歌できるような
そんな人生を歩もう。』
ではありませんか♪

IMG_9750.jpg

いよいよ、この健康ブログも最終回です。


いままで読んでくださりありがとうございました。


NPO法人医療情報広報局(i-koho) 代表として、心より感謝申し上げます。

ページトップへ