女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2018年9月 >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ

子供達に予防の大切さを教えよう!

2018年09月26日(水曜日) 22時44分 川崎 万知子

皆さんこんにちは。

 

今回は皆さんの大切なお子さんが生涯自分の歯を使って健康的に過ごせる様に、という願いを込めてお話したいと思います。

 

これを読んでくださっているママさんやプレママさん自身も、歯医者さんに行くのはあまり好きではないわ・・という方が多いのではないでしょうか。

 

それはなぜですか?

 

歯医者さんでは痛かったり怖かったりした経験があるからではないでしょうか。

でも、虫歯や歯周病にならなければそんな痛い経験はしなくて済むのです。

 

それにはもちろん日々のお手入れが大切ですが、毎日100点満点のお掃除を出来る人はいないのでやはり定期的にプロの手、つまり歯科医師や歯科衛生士による検診やお掃除がとても大切なのです。

 

お口の中には腸内細菌と同じように沢山の細菌が常にいますが、その量やバランスによって悪さ、つまり虫歯や歯周病を引き起こします。

それを防ぐには細菌の量を減らしたり(歯磨きや歯医者さんでのお掃除)や悪い働きになってしまう行動(甘いものをダラダラ食べるなど)を減らす為の習慣を身に付ける必要があります。

 

歯医者さんでは予防に役立つ生活習慣や正しい歯磨きの方法も教えてもらえます。

そしてそれぞれのお口の中に合ったアドバイスが受けられるのです。

 

小さいうちから歯医者さんへは予防の為の処置とお掃除をしてもらうところ、という意識が持てれば痛いイメージも付きませんし痛くなくても通うべきところという意識は結局一生の財産になると言っても良いでしょう。

 

ママのこれまでのイメージで

"悪い子は歯医者さんに連れて行ってしまうわよ!"

と是非叱らないでくださいね。

 

歯医者さんは気持ちの良い場所、と意識して教えましょう!

ページトップへ