女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2018年6月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリアーカイブ

子どもの歯磨き〜歯磨き粉はいつからどんなものを?

2018年06月14日(木曜日) 13時39分 川崎 万知子

皆さんこんにちは。

今回は子どもの歯磨き粉について、いつ頃からどんなものを使えば良いか、といったお話をしようと思います。

 

実は、歯磨き粉は必ず使わなくてはいけないものではないのです。・・そう、大人もです。

 

歯磨きで大切なのはブラシで物理的に汚れ(食べかすや歯垢)をこそげ落とす事なのです。

歯磨き粉はどちらかというと補助的な役割と考えて結構です。

 

ただ、お子さんが楽しく歯磨きをするきっかけになるなら使っても良いでしょう。

 

子ども用の歯磨き粉は色々なフレーバーが付いていたり楽しい絵が書いてあったりしますものね。

 

使い始める目安としては、大人の指示に従ってペッと歯磨き剤を出せる様になる頃、大体1歳後半から2歳頃が目安になります。

 

選び方としては研磨剤が少ないもの、発泡剤が少ないものが良いでしょう。

研磨剤が多いと歯の表面が傷になってそこに細菌や着色物が付きやすくなってしまうリスクがあるからです。

発泡剤はすぐに泡立ってお口の中が一杯になってしまうと本来の目的である"物理的にこそげ落とす"ことが疎かになりやすいのです。

 

そしてフッ素が入っていれば虫歯予防にもなりますね。

フッ素入りの歯磨き粉を使う場合には軽く1回うがいをしたらその後1−2時間は飲食せずにいると効果を得やすいと言われています。

 

ページトップへ