女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

「 2018年5月」のアーカイブ

1 |

骨盤底筋を鍛える

2018年05月23日(水曜日) 12時36分 長尾 公美子

皮膚科らしくないテーマですみません。

骨盤底筋は私の産後から続く個人的な努力テーマです。


私は美容医療のひとつとして、たるみ治療のための表情筋トレーナーとしても仕事をしています。

表情筋はトレーニングすると驚くほど頬のたるみが改善します。
この経験から、骨盤周囲の筋トレは産後の体型やトラブルだけでなく体の老化も防ぐ、とトレーニングの必要性をひしひしと感じています。


しかし!

産後のママなら皆さん分かってくれますよね、骨盤底筋の体操って、難しいです。

皆様どうですか?

膣や肛門を閉めたままで8秒間、これ簡単にできますか?

私は産後、尿漏れだけでなく3ヶ月まともに歩けないというトラブルを経験しています。

骨盤整体、パーソナルトレーニング、有酸素運動、ヨガ、ピラティスなど手当たり次第挑戦しましたが未だ元の運動が得意な自分には戻れません。

骨盤底筋トレが重要なことは分かっていますが、とても難しく、正直続きませんでした。

産後7年が経ち、下半身はどんどん太り、くしゃみした時、走った時に尿もれします。

更年期を意識する年齢になり、このままではいけないと焦りが募ります。

これは私だけに起こった現象でしょうか?


多くの方が悩みつつも、産後はこんなものと諦めているのではないでしょうか?


産後から更年期、尿失禁や子宮脱に為すすべもなく誰にも言えず悩む女性がたくさんいる、と医師友から聞かされています。


私は今後ずっと悩むのに耐えられません。

何かできるはず!


私がたるみの治療として実践している表情筋エクササイズは日々の表情の使い方をちょっとずつ意識して変えていく地道な作業です。


老化する動きグセがついている場合、表情筋エクササイズは正しくできるようになるまで骨盤底筋トレ同様、簡単ではありません。

ですが正しくできるようになると、もう老化だから諦めるしかないのかな、と不安に感じていた方でも、こんなに変わるのか、と驚く結果にたくさん出会っています。


筋肉は老化しますから、お顔も筋トレで若返ることができるという簡単な理論です。


これまで色々試してきたけれど、良くならない、諦めないといけない、と悩む人がいないよう、日々努力するのが医師の仕事。


では産後生じた骨盤周囲の筋肉の老化はどうしたらいいのか?

骨盤底筋群のトレーニングを成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。



試行錯誤して当たり前のことに気付きました。


骨盤が開きや傾きがあると、骨盤底筋を鍛えるのはとても難しいと思います。


産後、骨盤が開いたり、前傾、後傾している方が多いと思いますが、このまま日常の歩行や運動をするとアンバランスな筋肉が形成されます。


骨盤底筋だけ鍛えようとしても、これより外側の筋肉のバランスが悪いと、内側にある骨盤底筋は簡単には鍛えることができません。


私は自分の体が間違って使われていることを知り、骨盤の位置が正しく保持する筋肉の運動を骨盤底筋のトレーニングに加えてみました。

不思議と併用することで骨盤底筋の筋トレが少しずつ簡単になりました。

たった1週間で尿もれが少なくなり、軽く走れるようになりました。

骨盤底筋トレは単独ではとても難しく感じます。

最も内側にある骨盤底筋を鍛えるには、その外側にある大腰筋や内転筋群などの骨盤を保持する深部筋(インナーマッスル)を鍛えておかないと、骨盤底筋を鍛えるのは非常に難しいと思います。

そして一般的によく指導されることですが、インナーマッスルのトレーニングだけでは尿漏れなどの女性特有の症状改善にはトレーニング不足です。

骨盤底筋のトレーニングとの併用に意味があると思います。

これらは骨盤や内臓を支える筋肉群として関連して存在しているからです。
インナーマッスルというと難しく感じ、ジムやパーソナルトレーニングに行かないといけないのかと思われるかもしれませんが、私は自宅や通勤電車内、学会で聴講しながら自分でいつもインナーマッスルと骨盤底筋を使って過ごす工夫をしただけです。


とはいえ正しくトレーニングしないと間違ったエクササイズをしてしまうので、知識を得て実践することが大切だと思います。


私は今はやりの膣トレや肛筋トレの書籍を購入して参考にしました。

いずれもインナーマッスルを鍛えながら骨盤底筋を鍛えるエクササイズです。


顔の老化や更年期や老年期の体の変化など、女性特有の悩みを抱えたまま生きることは女性にとってつらいことです。

元通りの体を取り戻す!

そのために地道なトレーニングを続け、また正しいエクササイズは皆さんにすすめていこうと思っています。

 

コミュニケーションとれてますか?

2018年05月09日(水曜日) 13時00分 積田 綾子

こんにちは~( ˘ω˘ )♬

GWいかがでしたでしょうか?

楽しめましたか?

私は残念ながら勤務でしたがなんとなく街の楽し気な雰囲気は感じます(^^♪

みなさん、こどもの日、お子さんとコミュニケーション、とれましたか?

お疲れのお父さんもいるかも!(^^)!

お子さんの成長にともなって接する時間は減るのだけれど、一日の些細な時間、くだらないことでも話を聞けるといいですね( ◠‿◠ )

私も心がけなくちゃって思います!

 

さてGWのあとですし、ちょっと家族や仲間との絆をかんがえてみましょう。

コミュニケーションと意識について。

コミュニケーションがとれると、気分がいい。

とれないと気分が悪い。

当たり前だけどコミュニケーションってすっごく大事ですね。

じゃあコミュニケーションってことばのこと?

答えはYes。

そしてNo。

そこに意思、意識があるかないかで言葉の価値がぜんぜん変わります。

だからSNSは、実はやっかいですね。

字面から意識をしっかりくみ取れるかというと、難しい。

 

「ブレインマシンインターフェイス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは近年盛んに研究が行われ、実に様々な分野で一部はすでに活用されています。

脳の活動パターンをよみとって意思疎通や行動に応用することができます。

面白いところでいうと、素人がプロのスポーツ選手の脳活動と同じ状態になったときにプレーをするように仕組むと驚くほどの確立でプレーが成功したり、表現が苦手な人が何を伝えたいのかが検証できたり、運動機能をサポートしたり、集中力をたかめるデバイスに応用されたり、ゲームになっていたり...。

いやはや、とんでもない時代になりました。

 

昨年出席したアメリカのニューロリハビリテーション学会では、このブレインマシンインターフェイスを使って、全く表現ができないと診断されていたICU患者さんの意向を確認できる取り組みが紹介されていました。

『意思疎通不能』とされる患者さんとのコミュニケーションできた。

この事実は、どれほど大事でしょう。

そんな人がどれほどいるのでしょう?

 

わたしも、これまでたくさんの『意思疎通ができない。』とされる患者さんと、関わることがありましたが、いままでの一般的な意識の評価では計り知れないものがあるのではと思い始めました。

また、コミュニケーションは意識がシンクロしたところにおこるのだということもあるようです。

『共感』や『意識(興味)をもって聞くこと』はとても大事。

発信するだけでなく、うけとる相手が反応して初めてコミュニケーションです。

 

医療の世界では知る人は知っている、瞳孔のうごきで、PC操作ができる機械があるのですが、それを使用してコミュニケーションをとれるようになった女の子動画をご紹介しておきます。

退行によりコミュニケーションがとれなくなるといった症状をもつレット症候群という難病の女の子の話です。

この機械によって得られたものはなんでしょう?

英語の動画ですがみて感じてください。

 

視線入力技術とそれをどのように使うかを学ぶことは、アヴァにとっての学習経験であるだけでなく、家族全体にとっての大きな経験でした。

アヴァの父親は、子ども達の部屋に入っていくと「あーパパだ」とマイトビーでアヴァが言うのを聞くと幸せな気持ちになります。彼女の友達多くの人々と出会うためにフェイスブックのアカウントも開き、家族は彼女が何を言っているのか見るのを楽しみにしています。ピアノゲームで音楽を奏でたり、お絵かきしたりします。

どうぞアヴァが彼女自身の事を何と言っているかアヴァの話をご覧ください。

「ハーイ、私、あなたが話している事ぜんぶ分かるのよ。私って賢いでしょ。私っておちゃめなの」(☚日本でこの機械をとりあつかうクレアクトさんのHPより)

 

このブログを読まれる多くの方は、『ことば』を話せる方であると思います。

『ことば』をもつ私たちは、本当に大事な人とコミュニケーションをとれているのでしょうか?

そこにある問題を解決しようと躍起になる前に、「おはよう(^^♪」「おいしいねー( ◠‿◠ ) 」だけでも心から伝えて共有できれば解決する!

なんて問題もあるのかもしれません。

かっこよく話そうと気負わなくてもうまくいくこともあるのかも。

同じ状況を共有すると人は仲良くなります。

自然と好意的になることも。

好意的に話せれば一気にストレスが解消することも多い。

大人も子供も一緒ですよね(*^_^*)

 

複雑なようで単純な私たち(*´▽`*)

きょうもたくさんの「コミュニケーション」がうまれますように!

1 |

ページトップへ