女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2018年4月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリアーカイブ

春だ!桜だ!エストロゲンだ!

2018年04月18日(水曜日) 00時00分 江澤 佐知子

ご進級、ご入学(園)されたお子さまがいらっしゃる皆様、おめでとうございます。

うちのツインズも無事に入園式を終えました。


IMG_8496.JPG
そして、なんとクラス委員になってしまった私、、忙しい日々を

 またさらに忙しくするという運命なのかも。。汗

でも。。どうせするならせっかくだから楽しもうっと!!

日本の入学(園)シーズンといえば "桜"

ウキウキした春の気分を届けてくれますね。

 今年は例年より早い桜を迎えましたが、この儚(はかな)さが

また桜の美しいところでもあるんですよね〜〜〜

IMG_8498.JPG

さてさて、この桜には毒消しの作用があるんですよ。

江戸時代の華岡青洲の作った漢方薬 『十毒排毒湯』(もちろん、この漢方は 今でも処方されています。)には桜の樹皮が配合されていて、

蕁麻疹や去痰、女性のニキビに有効とされています。

なぜ?

じつは、桜の樹皮にはエストロゲン様作用があるのです。

桜って見た目の色にも心を鎮める作用があるのに、樹皮にはそれらの効果があり花びらにも同様の効果があるようです

花びらは塩漬けにして食したりしますね!

エストロゲンは男性ホルモンの作用を抑える方向に働くので

皮脂の分泌も抑えるように働き、ニキビの予防や治療効果があるのです。

エストロゲン様作用といえば、お豆腐(大豆イソフラボン)も同様の効果がありましたね!!

イソフラボンは、豆腐、味噌、納豆に多く含まれています。

味噌といえば!最近発酵食品がブームなので、塩麹やお味噌、甘くない甘酒(米麹甘酒)などを作る(買う)方も多いですね、ご自宅でお肉やお魚をそれらにつけて簡単ごちそうのできあがり〜


(甘酒を購入される方は、塩の入っていないものが酵素の働きが止まっていないので
より効果も高く、お肉をマリネするにもふわっと美味しくやわらかくなりますよ〜)

そんな私もお味噌づくりに夢中です。

先日作った棗(なつめ)味噌。

6ヶ月後の完成を心待ちにしています。


(1日で大きい変化があるわけではないのに、カビがないか、色の変化はまだかと毎日確認しちゃいます)

IMG_8499.JPG

来月はお醤油作りに挑戦です。作る前から美味しそうで心が弾みます。

春だ!食が体を作る!

口にするものを賢く考えなおす良いシーズンかもしれません!

ページトップへ