女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2018年3月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリアーカイブ

歯のホワイトニングって安全?

2018年03月20日(火曜日) 00時00分 川崎 万知子

皆様こんにちは。

一雨ごとに暖かくなり本格的な春ももうすぐ、といった感じですね。

さて今回は、"春だし、テンションを上げてママだって綺麗でいたい!"のヒントになればと思い、歯のホワイトニングについてお話してみようと思います。

 

最近は脱毛のブランドでも歯のホワイトニングが出来たり、セルフ式のサロンでとても安価に出来たりしますよね。

では効果や安全性はどうなのでしょう?

 

人様のお口の中は、国家資格のある歯科医師や歯科衛生士など限られた有資格者しか触れられませんし、本当に歯を白く出来る薬剤は制限があって使用できない為どうしても専門家不在でのサロンでの効果は限られてしまうという訳です。

勿論"安価でお手軽だし、すごく白くしたいわけでもないし・・"なら試してみても良いと思います。

一方歯科医院でするホワイトニングはより効果は得られるかもしれませんが、歯に悪くないのかしら?と思う方もいますよね。

 

歯のホワイトニングはアメリカがリーダー的に発達してきましたが、米国食品医薬品局(FDA)でもその安全性が確認されています。

 

歯科医院で行うホワイトニングは、過酸化水素を主成分とする薬剤を光で温めて着色物を分解し、無色化するという行程で行います。

過酸化水素水は低濃度ではオキシドールといわれる消毒液として使用されるものです。

マウスピースを使ってご自宅で行うホームホワイトニングという方法もありますが、こちらは過酸化尿素を主成分としており、ゆっくりと分解してやはり過酸化水素を発生してホワイトニングの効果を得られます。ジワジワとお薬を浸透させて、歯の中心に近い象牙質の黄ばみを明るくしていきます。

 

歯科医院で行うもの、ご自宅で行うものそれぞれに特徴があって、人によってライフスタイルや歯の色、質も違いますので、どちらかだけで行うのか併用するのかは専門家である歯科医師や歯科衛生士にアドバイスをしてもらうと良いでしょう。

 

歯が明るくなると自然に笑顔も増えてお子さんや家族にもニコニコ出来そうですよね!

ページトップへ