女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2017年12月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリアーカイブ

インフルエンザと歯磨き

2017年12月15日(金曜日) 00時00分 川崎 万知子

皆さんこんにちは。

いよいよ年末も近づき忙しい日々の方も多いのではないでしょうか?

 

寒くなるとインフルエンザの話題も出てきますが、今年はワクチンの不足もあったので受けられていない方もいらっしゃるかもしれません。

お子さんは勿論、待ったなしの生活をしているママさんも体調管理は大切ですね。

 

以前テレビで内科の先生が、歯磨きでインフルエンザの予防が出来るというお話をしていました。

仕組みとしては、お口の中の菌から出たプロテアーゼという酵素がインフルエンザウイルスの感染を助けてしまうので、そのそもそものお口の中の微生物(細菌やウイルス等)を減らしておけばよい、という事です。

そのためにある高齢者施設で歯磨きを徹底したところ、その冬のインフルエンザの発症が10分の1に減ったのだとか。

凄い効果ですよね。

 

勿論 手洗い、うがい、栄養、休養、といった基本は忘れずに・・。

 

このように自分での歯磨きも大変重要ですが、その道のプロである歯科衛生士さんにきれいにしてもらえばなお安心です。

 

年末の大掃除の感覚でインフルエンザ予防にも歯医者さんで検診とお口の中の大掃除をしてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ