女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリアーカイブ

意識改革〜女性の自立〜

2017年10月18日(水曜日) 00時00分 江澤 佐知子

みなさん、こんにちは。


めっきり寒くなりましたね。


10月11日は国連が定めた国際ガールスデー。


10月12日、青山学院大学にて『女性にとっての自立』
についてお話しました。
http://hrn.or.jp/news/12184/


ゲストスピーカーは、
弁護士の菊間千乃ちゃん
デザイナーの上迫恵子さん
そして産婦人科医・社会企業家の私でした。

IMG_7549.jpg

人生に近道なんてない、みーんな凸凹デコボコ道を通って、
自分らしく生きている。


雪乃ちゃんや上迫さんのお話に共感しつつ、
お互いに見えない努力や喜びを経てきたことを
確認し合って、友達でもしらないこと沢山あるな〜、
やっぱり素敵だな〜、と再確認し合えたのでした。


最初から目標を定めてそこに到達するには?
と考えて到達する人もいる。


なんとな〜くこれに進もうと思って思い続けていたら
そこにたどりついたという人もいる。

だけれど、どの道のりでも困難のない人なんていないし、
挫折のないこともない。

それらを次に、これからにそう活かすか、
のほうがよっぽど大事。

な〜んにもなくて直線距離できた人のほうが良いなんて
ことはないし、遠回りしてより学ぶこともある♪

質問コーナーでは、多くの方々が
'妊娠をしたから'
'ママだから'
'夫がいるから'
'家族がいるから' と、
自分の可能性を縮めて縮めて生きていることが浮き彫りに!

みんなしたいことを我慢しながら型にはまってる。


好きなことをする'勇気'を持とう!
もちろん、そのための努力は精一杯。


その一生懸命さに応援してくれる人が絶対いるから、
がんばろう!!

ページトップへ