女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

食育と脳の関係

2017年09月20日(水曜日) 00時00分 川崎 万知子

皆さまこんにちは。

どんな夏をお過ごしになりましたか?

 

いよいよ秋の気配がしてきましたね

 

さて今回は"食育と脳の関係"がテーマです。

 

食育の中でも今回は"よく噛む事"についてです。

 

よく噛んで食べ得たほうが良い、とはよく聞きますよね。

もちろんよく噛む事で消化を助け、お子さんの顎やお口周りの筋肉の発達、そして歯並びにも良いと考えられます。

 

でも実はそれだけではなく脳にまで良い影響がある可能性があります。

噛む事と脳の活動との関係をMRI(磁気共鳴画像診断装置)と脳の血流を見る装置を用いて調べた実験があります。

噛みしめる力を段階的に上げていくと、脳の活性が増加していく事がわかりました。

 

高齢者では総入れ歯になると、健康な歯が揃った状態に比べて脳の活性は半分以下になるという事も分かっています。

 

更に、噛む時の姿勢を良くすることで脳の血流が増えるという実験結果も出ています。

 

これらの論文は大人の脳で調べたものですが、基本的な構造は子どもも同じですので、やはりよく噛む事、しかも姿勢よく食事をする事と脳の関係はあると考えて良さそうです。

 

お行儀や消化の為だけではなく、やはり子どもの頃から良い姿勢でしっかり噛む習慣をつける事は健康的な人生を送る為に大切な事なのです。

ページトップへ