女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

お耳トラブル〜浸出性中耳炎に注意〜

2017年07月05日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

夏!!

プールの季節がやってきました(^^♪

うちは親子ともどもプールが大好きで毎年この季節を楽しみにしています。

 

今回のテーマは、以前にもとりあげたと思うけれど

『中耳炎』

なんでほっといてはいけないのか!(^^)!

うちのばあいはプールが一番の理由だったりするのですが(*'▽')

中耳炎には、急性や、慢性、滲出性なんていう呼び方があります。

 

今回は滲出性に焦点をあてて。

このおうちの方向けの説明は画像がわかりやすくておススメ。

小児浸出性中耳炎診療ガイドライン

小児科で診療していると、とくに滲出性は、放置している人も多そうな気が...

急性中耳炎はみんな治したいから病院に行きますもんね(;´Д`)

(付随して副鼻腔炎も放置されている気が...副鼻腔炎については以前書きましたね。)

 

耳の改善を確認しないまま、途中で診療をやめてしまった場合や、滲出性で何か月も抗生剤を飲んでいる場合は、治療法や見通しついてみてもらっている先生に一度確認し、全体像を把握することも必要でしょう(^_-)-☆。

 

例えば、乳突蜂巣っていう、換気装置みたいなところがずっと水浸しになることを想像してみてください。

機能を果たしきれない耳ではよく聞こえない。

聞き返しが多くなったり、小学生は授業で集中力が保てない。

成長期であれば、耳の発育も悪くなる。

もっと小さなお子さんでも、言葉が遅いかなと思っているお子さんなんかは必ずチェックが必要です。

音の認識は言葉の重要要素だからです。(言語獲得期で、言語が遅れている可能性があるお子さんの聴力検査は、通常の聴力検査基準では判断できないことがあります。なんといってもどんな音があるのか脳が認識する時期ですから。その場合は発達を診る先生や、言語聴覚士にその検査結果を見ていただくといいでしょう。ほかの検査が必要なこともあります。)

 

夏休みは飛行機に乗りますか✈?

最近の日本は猛暑だからプールや海、川に行く人は多いでしょう(*^^)v。

旅先で、お耳トラブルにならないように、夏休み前にお耳の確認、行っておきましょうね(^^♪。

 

ページトップへ