女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

葉酸って重要なんです

2017年04月19日(水曜日) 00時00分 江澤 佐知子

こんにちは。

半年前から計画していたディズニーランド&ディズニーシー2日間どっぷりの旅を2才児双子男児を連れて、お友達と行って参りました。


みんなでヘトヘトになるまで遊んで楽しかった!!


今の時期は、エントランスもパレードも、ハッピーイースター!!


かわいいっ

IMG_6953.jpg

IMG_6954.jpgIMG_6952.jpg

さて、本日は葉酸の重要性についてです。

妊活中も、妊娠中も

「葉酸のんでね」

って言われるのはなぜ??

はい、葉酸は、ビタミンB群の一種で、細胞を増やす、臓器をつくる、ことに深く関わっています。

特に妊娠時に不足すると胎児の神経が正常に発達しないことがあります。

無脳症や神経管が閉じずにせきついが皮膚の外に出ている障害が増加し、その割合は、1万人の出生時に対し約6人。

適切な葉酸摂取で、毎年数百人の子どもが障害を持たずに出生することが可能と言われています。

厚生労働省の推奨基準では

18歳以上は1日240μ㎎

妊婦の場合は2倍の480μ㎎

と設定されています。


先日、広島で開催された日本産婦人科学会でのセミナーでは、日本医科大学の中井先生が海外のデータ含め再検討したデータが発表されました。

ビタミンB群との同時摂取が(有意差をもって)良いこと、


妊娠初期に限らず妊娠中ずっと飲んだほうが喘息の発症率が低くなること、


有効な血中濃度になるまでに6週間かかるし、妊娠中に始めるなら800μ㎎から初めても4週間かかるというものです!!!



つまり、葉酸は妊活中の摂取が必要ですし、妊娠中なら推奨量の倍量である800μ㎎の摂取が必要ということなのです!


そういった意味でも、サプリメントは極力混ざりの少ないものを選択したいものですね。

ページトップへ