女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ママのワークライフバランス

2017年04月05日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

こんにちは^_^

新年度のはじまり。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

入学、入園でドキドキのお子さんもいることとおもいます。

さて、本日はちょっと趣きが違う内容で、みなさんと母の時間について考えてみたいのです。

子育てをすると、どうしても仕事と育児の両立や家事の中での自分の時間のみつけかた、ワークライフバランスについて悩みませんか^_^

私もそのひとり。

今回はわたしの体験からみなさんなりのワークライフバランスを想像してもらうのもいいかなあと思い、書いてみます。

私は当直するほど働けなくっても、ママで小児科だからできることをしたいなあとおもって障害児保育園 や運動療育関係の仕事にかかわっています。

おうちにいてくれるママもいいし、働きたいママは働いてイキイキできたらいいなあって思って。(^ω^)

お母さんがお母さんらしくいられるようになると、お子さんが幸せそうになったりします。

その幸せそうな変化を感じる時が最高!子どもは本当に私たちママの鏡ですね。

私は、どちらかというと、不器用でマイペース。

でもチャレンジするのは好きです。

だから娘とは、上手い下手にこだわらず外を走ったり、泳いだり、絵や工作をしたりして過ごしてしてきました。

要するに...一緒に遊んできました^ - ^

疲れる日もうまくいかない日も沢山ありますが、日々子どもの成長にびっくりするし、遊びから絆はできていくんだなあと感じます。

みなさんもそうではないかしら(^ω^)

 

一方でママになる前より、勉強したいなあと思う事も増えてしまいました。

この春私は運動療育で海外に短期インターンシップに行くチャンスをいただきました。

40歳を超えている私が海外で勉強する機会はもうないでしょう。

迷いに迷って家族に相談しチャレンジを決めました。

しかし英語が話せなかった(^^;;...。

そこで私はこの3か月英語の本気塾なるものにはいりました。

いやーこれはきつかった。週1の熱血グループ授業と娘の横で連日オンラインレッスンと宿題。

うまく話せず「ママ、すごい声デカイ! チカラ入ってる(。-_-。)」

と最初は娘に心配されていましたが、レッスンが進むうち、何とかかんとか形になってきました。

徐々に「ママ、さっきレッスンで〇〇のこと話してたでしょ〜?わかったよ(^^)」と娘も元気づけてくれるように。

子どもはよく見てる。

そんなこんなで結果、インターンシップ実現間近( ´`)ほーーー。

こんなに勉強することはもうないかもー(笑)

 

 仕事も、家族ものんびりすることも大事。

今回の英語がきつかった分、ワークライフバランスを考える機会になりました。

考えなかった時より色んな時間が大事になりました。

今回わたしがチャレンジできるのは心から家族のおかげ。

だからそのあとは、子どもとの時間と仕事のバランスを本気で考えて働き方を変えて行こうって思っています。

みなさんはどうですか?

それぞれの家庭のそれぞれの時間の過ごし方、大事に過ごしたいですね(*´`*)

ページトップへ