女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

そのマスク逆さまじゃない?

2017年02月01日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

こんにちは~(^ ^)

寒い季節ですがみなさん、体調いかがですか?

 

風邪予防大事ですねー!

 

人は一生のうち、200回も風邪をひくなんてデータも。

個人差はあるとしても、そう考えてみると一回でも少なくしたいですよね?

 

今回は簡単なんですが、結構な数の人がまちがってること。

 

そ、れ、は、、

「そのマスク逆さまじゃない?」(////)

です。

自分も間違えがちですが、どうしても医療関係でないとさらに無頓着になりがち。

外来でちょっと注意してみてみたら、結構なかたが間違ってました。

ひだが上むいてたら、菌やウイルスがはいりますよ~(^ ^)

たまにマスクの設定自体が逆でビックリしたりします。

どんなに良いマスク買ってもつり革やドアノブ触りまくってから、マスクの内側を持ってマスク直したら、予防にならないし、変えないときたなくなるし、よくよく考えると「あれれ?」なことありますね^ ^

マスクの網目ってそれ自体はどんなに細くても、ウイルスより大きいんですって。

インフルエンザウイルス00001ミリメートル、マスクの網目010001ミリメートル、くしゃみの飛沫0005ミリメートル。

 

マスクはウイルス自体は通す大きさだけど、ウイルスが含まれたくしゃみの飛沫をさえぎることはできます。

気道の乾燥予防効果も。

正しく使うだけで風邪が減りそう。

着脱は端っこ持って。

あとはうがい、手洗いと一緒にね。

買ったマスクの性能を大きく無視して、菌やウイルスを塗りたくらないようにご注意あれ(////)

小さい子がをお持ちのお母さんは連日こどものマスクてんやわんやだと思いますが、陰ながら応援していますね~( ´  ` )

ページトップへ