女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

抜けた歯の応急処置

2016年12月21日(水曜日) 00時00分 川崎 万知子

皆さんこんにちは。

お子さんがジャングルジムから落ちた、とかボールに当たった、とか不慮の事故で前歯がグラグラしたり抜け落ちてしまったらどうしますか?

 

勿論まずは頭など、他に重大な怪我がないかどうかを確認しなくてはなりません。

では他は大丈夫そうとなった時、

歯医者さんに連れていくまでにすべきこと3つ

が今回のテーマです。

 

抜け落ちてしまったら・・

1、その歯を軽く(数十秒以内)水で洗う(特に根の部分はゴシゴシしないでくださいね!大切な歯根膜というところが傷みますので・・)洗剤も不可です!

 

2、そして体の中となるべく近い液体(少々難しいのですが浸透圧が近い液体という事です)に入れる。とにかく乾燥させない。

専用の保存液や生理食塩水が一番良いのですが、冷たい牛乳、唾液、が近い濃度です。

生理食塩水(抜けた歯専用の保存液であれば保健室なら置いてあることが多いはずです。)

 

どうしても適当な液体が無い時は理解できる年齢のお子さんなら本人の舌の下や歯肉と頬の間などに挟んでも良いです。つまり唾液で保存、という事です。

 

3、砂などが付いていれば洗い流す程度にうがいを軽くして、傷口には清潔なガーゼなどを噛んで止血する。

 

そしてスピードが勝負です!

早くプロの手当が受けられるかどうかでその後の歯の経過に大きく関わります。

グラグラしたりずれてしまっているだけだったら軽くうがいする程度にして、とにかく触らず歯医者さんで手当してもらいましょう。

突然の事故でも慌てず適切な処置をすることでその後の歯がまた元の様に使えるかどうか、差が出てきますのでとにかく落ち着いて!が大切です。

ページトップへ