女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

「 2016年6月」のアーカイブ

1 |

こどものすきっ歯

2016年06月15日(水曜日) 00時00分 川崎 万知子

皆様こんにちは。

今回は子供のすきっ歯についてお話ししたいと思います。

 

お子さんの歯の隙間が沢山あってこれで良いのかしら・・

と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、通常乳歯の時期には将来サイズの大きな永久歯が生えてくるスペースの為に隙間があるのが普通で

"発育空隙"

といいます。

そして永久歯も上の前歯はハの字に開いて生えて来きます。

犬歯(糸切り歯)が生えてきてやっと隙間が閉じてくるのです。

この開いた前歯の時期をアンデルセンの童話から Ugly Duckling Stage (みにくいアヒルの子の時代) とも言われます。

 

ただ、上の前歯の間に上唇小帯という筋が入りこんでいて閉じにくい場合や、骨の中に過剰な歯が埋まっているために閉じない場合もあります。

舌を歯の間に挟む癖や先天的に歯の大きさが小さい場合もすきっ歯になりますので、中々隙間が閉じないと心配な場合は歯科医師に相談してみると良いでしょう。

もう少し待てば自然に閉じそうなのか、上唇小帯を切らないと難しそうなのか、あるいは矯正治療を始めるべきなのか、といった意見が聞けるはずです。

 

基本はホームドクターを作っておいていつでも検診、相談をしてもらえる習慣が大事ですね。

ヘリウムガスの危険性

2016年06月01日(水曜日) 14時00分 積田 綾子

こんにちは~~(*^_^*)


季節がまた変わって、だいぶ暑い日や、雨がざんざん降る日も出てきそうですね(#^.^#)


さて、今回は、発達について書こうと思っていたのですが、変更します。

ニュースをみていると、子どもの事故の報道があとをたちません。

本当にお子さんとその親御さんの気持ちをおもうと私も一人の親としてなんともいたたまれない思いでいっぱいになります。


一定の確率で事故自体はあるとは思うのですが、繰り返し起こる事故に対しては知ることも必要で事故の減少に繋がることだったりします。

なので今回は防ぎたい事故について。 小児科の気になった学会誌より抜粋。 忘れないようにしたい事故はたくさんあります。


今回はまだ人々の記憶に残るヘリウムガスの危険性について。


ヘリウムガスの事故ってどの位起こっているのでしょう?

オーストラリアでは2005年7月~2009年12月までに79人が死亡しているそう。

日本中毒情報センターでは玩具のヘリウムガスを吸った事故の相談は2001年4月~2012年3月までに32件。

半数の16件で意識消失、嘔吐、顔面蒼白などの症状があったそう。 多いと思いませんか?

くりかえしがあるということです。


ふざけたりして鼻をつまんで肺容量以上のガスを吸ってしまうと、肺胞がやぶけて、肺圧傷(Barotrauma)となり、たまってはいけない場所にガスがたまったり、血管に入って空気塞栓という怖い状態になったり。

同じ状況でも少しの差で命の危険があるのです。


「大人用」とかかれたヘリウムガスでも子どもの事故も起こっている事実。

防ぐには大人の配慮、鼻をつままないようにすることの他、業者さん側も個人が吸い込んだ量しかガスが出ないon demandタイプの吸引システム、またはたくさん吸いたくならないような異臭をつけるなど配慮がなされることも有用と考えられているよう(@_@)


大人がこういった事にも目を向けておくことで子どもが安心して育つ環境ができればいいなあと思います(^^)


大きな危険は大人が確認してあげて、こどもにはのびのびと遊んでほしいものですね(^_^)


1 |

ページトップへ