女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

「 2016年2月」のアーカイブ

1 |

お肌への女性ホルモンの影響

2016年02月17日(水曜日) 12時00分 長尾 公美子

今回は女性ホルモンの肌への影響についてお話します。

妊娠中に肌荒れしたり、肌の調子がとても良くなったりと、女性ホルモンの影響を感じたママは多いと思います。

妊娠期に限らず肌トラブルには毎月変動する女性ホルモンが強く影響しています。

日々感じる肌トラブルの原因は、気候による乾燥や紫外線だけではありません。

女性ホルモンは年齢ごとに影響が異なり、またストレスなど生活の影響も受け不安定です。

女性ホルモンの影響の強さには個人差もあるので、これで大丈夫、という決まったケアが見つかりづらいため、女性の肌ケアは難しいのです。

特に思春期、妊娠出産、更年期に女性ホルモン量は急激に変化するので、女性ホルモンによる肌トラブルを感じやすくなります。

女性ホルモンによる肌の変化を知って、少しでも肌ケアがしやすくなれば嬉しいです。

 

女性ホルモンには

・エストロゲン(卵胞ホルモン)

・プロゲステロン(黄体ホルモン)

があります。

生理周期もどちらのホルモンの影響が強いかによって肌への影響が異なるので、生理前、生理後の肌が違う、という不安定さに毎月悩まされることになります。

ホルモンの影響

1、 セラミド低下による保湿力低下
セラミドとは、細胞間脂質といって、角質細胞の隙間を埋めて、肌に水分を保つ働きをする成分です。

皮膚バリアを形成し、様々な刺激から肌を守る働きをします。

セラミドはエストロゲンにより高く保たれます。

このため、エストロゲン量が低くなる生理前後は肌が保湿力を失い、肌荒れしやすくなります。

毎月生理前後に肌が不安定になるのは、セラミド量が不安定であることが大きく影響しています。

更年期以降エストロゲンが減少すると、セラミド量の低下により常に乾燥し、肌荒れしやすくなります。
エストロゲン量が低下する生理前や更年期以降は、セラミドがしっかりと保持できるように、摩擦を減らし、適切に保湿して肌を刺激から守ることが大切です。

2、 膠原線維減少によるたるみ

肌がたるみや張りを失うのは真皮の膠原線維が壊れやすくなり、量が減ることが原因です。

もともと女性は男性よりも膠原線維量が少なく、真皮が薄いのですが、女性ホルモンの分泌低下により40歳以降膠原線維の量は一気に減少します。

これはエストロゲンが膠原線維やヒアルロン酸などの合成、分解に関わっているためと考えられています。

 

3、皮下脂肪量の変化による体型の変化やたるみ

女性ホルモン分泌が減ると、皮下脂肪が増え、体型を変えるだけでなく、たるみを目立たせます。

真皮は薄い女性ですが、皮下脂肪は男性より厚いので、重さによりほうれい線やフェイスラインなどたるみの見え方が年齢により目立ちやすくなります。

 

4、皮脂や汗分泌量の変化によるニキビや乾燥

エストロゲンが低下すると皮脂分泌量は増加します。

生理前後にニキビができやすくなるのは、皮脂分泌量が増え、角層は厚くなって毛穴が詰まりやすくなることが原因です。

また皮脂や汗の分泌量も50歳頃より急激に低下します。

皮脂は皮膚を柔らかくし、皮膚表面を覆って水分蒸発を予防する働きがあるため、皮脂・汗量の低下により皮膚は硬く、乾燥しやすくなります。

5、血流量の変化によるくすみ、くま、むくみ

エストロゲンは自律神経にも働き、血管収縮を増加させることが知られています。

ホルモン量の増減により、むくみやくま、くすみなどが生じます。

 

6、メラニンの反応によるシミ・くすみ

エストロゲンは皮膚を厚く、保水量を高く維持するホルモンですが、メラニン色素の生成を促すため、色素沈着が起こりやすくなります。

妊娠期に肝斑ができたり、乳輪やお腹の正中部に色素沈着が生じるのもエストロゲンが影響します。

出産後はエストロゲン量の急激な低下により、急激に水分保持力を失いますが、色素沈着は少しずつ改善向かいます。

 

7、多毛・脱毛

女性も妊娠すると胎盤や卵巣からの男性ホルモンの影響を受けて一時的に多毛になります。

妊娠中はエストロゲンにより毛周期中の成長期が長くなり、抜け毛が少なくなりますが、出産後エストロゲンが一気に減少すると、毛は成長期から休止期に移行して急激に脱毛が起こります。

一時的な反応なので、少しずつ回復します。

 

こうして女性ホルモンの影響を挙げると、やはり女性は大変だなと思います。

ただでさえ大変な思春期、妊娠期、更年期に、肌トラブルに悩まされるのですから。

肌トラブルの原因は生まれ持った肌質や季節の影響だけではありません。

女性ホルモンも原因であることを知ると、季節ごとではなく、ホルモンの変動に応じたスキンケアができるため、トラブルを乗り越えやすくなるのはないかと考えています。

勉強がスムーズにいく方法

2016年02月03日(水曜日) 10時50分 積田 綾子

こんにちは~(^-^)/

インフルエンザも流行ってきましたし、天気の変化もありますし、受験生などは体調にきをつけたいですね。

 

さてさて、受験生ではありませんが、私も必要に迫られ英語を勉強しTOEICを受けねばなあ~^ ^

なんて思っています。

 

働く母としては、勉強方法がカギ!

 

ハーバードのJohn.J.Ratey博士が教える運動と脳の関係、療育で学んだこと、日本の脳科学者の先生の著書より、勉強がなるべくスムーズに行く方法をまとめてお伝えしてみます。

 

 

(1)好きな有酸素運動で、脳内の物質、BDNF(Ratey博士は脳の肥料と呼びます)をアップ!

 

脳が、スタンバイに入ります。可能ならゼロ時限体育(一時限目の前の運動や勉強前の運動)が有効。

注意するのは、野球など、待ち姿勢が多いスポーツでなく、ランニング、ダンス、クライミング、3on3、おにごっこなど持続的に動くものにする事。

運動苦手な私は私はランニング♪

 

 

(2)自分の得意記憶は目か耳かを把握しておこうΣ(・□・;)

 

発達検査をすると、よく、あなたはお手本や図を見た方が理解しやすいですよ。

とか、ぶつぶつ呟きながら勉強しようね。

とかの結果が出ます。

それは何かというと、その人が「視覚系」が強いか「聴覚系」が強いかの違い。

 

さて、景色や物の観察、観戦が好きなあなたは「視覚系」^ ^

書きとり、絵や写真、見本、手本を使って記憶するのが向いています。

 

もし、音楽やお話しが好きなら「聴覚系」の可能性が高く、音声教材や口ずさんで憶えるなどが向いている可能性が高い♪

 

 

(3)まとめ、補足

 

自分の特徴と興味を把握しましょう^ ^

好きだったり、やりたい事に通じていると効果があがりやすいそうです。

それはこどもだけでなく、大人も。

運動大事、運動と勉強には食べ物、睡眠も脳のコンディションに影響しますヨ^ ^

 

 

小さいうちはカラダを動かす習慣、と本人が楽しい外遊びで視線と感覚を鍛えマス。

一緒たくさんの興味を発見し、読み聞かせで言語発達のベースをつくってあげる。

そんな子育ては楽しく夢に向かって勉強する子の最強のベースになるかもしれません。

 

 

大人の脳も発達します。

 

こどもと一緒にがんばってみましょうか♪(^∇^)

1 |

ページトップへ