女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

「 2016年1月」のアーカイブ

1 |

知っておこう♪「湿潤療法」

2016年01月20日(水曜日) 00時00分 江澤 佐知子

みなさん、こんにちは。
 
我が家では子どもが2人とも立つようになって手の届く範囲が広がり嬉しい反面、ドキドキする機会も増えました。
思いがけない怪我ややけど、など心配はつきないものです。
IMG_0057.jpg
そこで本日は、'けが、やけどの応急処置'確認のお話をしましょう!
 
少し前まで、傷は'乾かす'ことが一般的でしたが、今は"潤いを保つ状態"で治療します.
 
しっとりを保つバンドエイドなどがその最たる例ですね。
 
なので、まずお家でのケア
 
けがの場合、
 
①傷口を水道水で洗って汚れを落とします。傷を治す機能を妨げるので無理に消毒液を使わないことがポイントです。
②そして、ワセリン軟膏を塗り、傷にくっつかないガーゼで傷口を保護すること。
傷口がぱっくり開いている、出血がとまりにくい、場合はすぐに病院へ。
 
やけどの場合、
 
①流水で20~30分(!!)やけど部分を冷やす。ここでも同様に消毒液を使わない。
②ワセリンを塗った傷にくっつかないガーゼで保護する。
 
水ぶくれになっていたり、顔や手など目立つところの場合も受診してくださいね。
 
そして、できてしまった傷跡を目立たなくするポイントは、
 
①乾燥を避ける
②紫外線を避ける
③こすれ(摩擦)を避ける
 
です。
子どもの成長段階によって目線がかわるので、自宅でも注意すべき点が変わります。
もちろん、ママたちのリスク管理をしっかりと!も重要ですよね。
わたし自身も日々発見です。

「○○だけ食べる。」は絶対ダメ!

2016年01月06日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

あけましておめでとうございます♫♬♪(*^_^*)

昨年はどんな年でしたか?

私は、とてもたくさんの人との出会い、仲間に恵まれ、なんとなく人の繋がりを感じる年でした。

今年は友人のバーテンダー(!)が始めた完全無農薬の農園で、おいしすぎる食材で子どもの食育や、自然を身近にする方法、体育が嫌いだって一生好きになれる運動について、活動していこうと思います。

(楽しいのでまたレポートしますね(^_-)-☆)

 

こどもたちも沢山の出会いの中から自分にとって大事な繋がりをみつけてほしいなあ、なんて思います。

 

さてさて、お正月太り、いかがです?

 

ダイエット考えます?)^o^(

お正月って不思議ですね。

なんか、ヘルシーな食事だけってできないですよね(*^_^*)

でも、

「なんか体がなまってきたぞ!」

「そとそろ活動しようかな?」

「いつもの食事が恋しいな」

なんて思いませんか?

これって、人間のすごいチカラではないかと思うのです。

だって、自分で何かの警告にきづくってことですよね。

気づくことができて、それなりのお食事に戻れるならばまあ...良しとするかな。

でも、最近、戻れない人っているみたいなんです。

「○○だけダイエット。」

「好きなものだけ食べる習慣」

これ、やってると、胃腸も脳内もおかしくなってきちゃいます。

いろんな栄養素が大事だけど、

いいからと言って「○○だけ食べる。」は絶対ダメ~~!

絶対何かの栄養素が抜けてしまう。

今回は小児科関連の報告から気になったものをピックアップ。

「ウエルニッケ脳症」

って知ってます?

平たく言うとビタミンB1欠乏症。

数か月の単位で発症。

起こる理由がこわいのです。

成人ではアルコール依存症や病気に伴いますが、小児ではミルク嫌いや、避難生活、偏食や、水分補給から陥ったり、イオン飲料の過剰摂取により発症したりしています。

症状は眼球運動障害、運動障害、意識障害ですが、初期は嘔吐などが先行し、胃腸炎などと見分けづらいことがあります。

多くは脳の画像所見も変化したりします(・_・;)

ビタミンB1は数週間の栄養欠乏でも発症の可能性があります。

イオン飲料は体に良いものという誤解が存在し、イオン飲料をこのむお子さんで、数日ではなく比較的長期(1~数か月間)に乳児で母乳やミルクなどの代わりにイオン飲料中心の栄養や水分摂取を行うお子さんがいるようなのです(@_@;)

信じられないことかもしれないけれど、モノが豊富な現代社会、良かれと思ったことが思わぬ結果を生むことがあるようで、イオン飲料多飲継続による2ヵ月児~1歳児くらいのウエルニッケ脳症は報告が散見されます。

なにもビタミンB1に限ったことではなく、栄養が偏っているお子さんは潜在的に多いような気もします。

周りのお子さんの嗜好が「すききらい」で片づけてよい範囲かどうか、この時期今一度みてあげてください(^_-)

さて、お正月行事のあと、大人も体調を整えて新年を始めましょうか\(^o^)/

書きながら明日からの食生活を見直しています。

さてさて、この一年がみなさんにとって良いものでりますように(^^)v

 

 

1 |

ページトップへ