女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    島田療育センター勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック理事。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。2歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の小学生を持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

「 2015年2月」のアーカイブ

1 |

子どものやけど

2015年02月18日(水曜日) 00時00分 長尾 公美子

こんにちは。

今日はこどものやけどについてです。

 

息子がハイハイの時、白熱灯を握ってやけどをしたことがあります。

子供は熱くても瞬時に離すことを知らないので、握ったまま泣きました。

ほんの数秒のことでしたが、長く握っていたように感じました。

すぐに電球から手を離して15分ほど流水で冷やしましたが水疱ができていました。

その後保冷剤を握らせたり離したりしながら抱いていました。

手のひら(内側)のやけどで、今は跡形も残っていません。

当院の看護師は赤ちゃんの子育て中ですが、5ヶ月の頃抱っこで料理していて、

フライパンが赤ちゃんの腕に当たってやけどしたという事故を経験しています。

赤みと腫れがありすぐに流水で冷却し、保冷剤でも冷やしました。

しばらく色素沈着がありましたが、数か月経ち跡を残すことなく治癒しています。

 

私達は子供にやけどなんて負わせるものか、と日々しっかりみていたつもりだったので、

自己嫌悪に陥るとともにこうした事故は誰の身にも起こることを学びました。

やけどをすると痕が残るかもと不安でいっぱいになります。

今回はやけどについて予備知識として知っておくとよいことをお伝えします。

 

〇やけどの深さで痕が残るかどうか決まります

 

私達医療者は症状を見てやけどの深さを診断し、最終的にどのような経過をたどるか予測して治療に当たります。(やけどしてすぐには深さが判断できない場合もあるので注意深い経過観察が必要です。)

 

<痕が残らないやけど>

赤みと腫れのみの場合や底が赤い水ぶくれ。一時的な色素沈着の後自然に治ります。

 

<痕が残る可能性がある>

底が白い水疱ができたら白く痕を残す可能性があります。

 

<痕が残る>

火災による深いやけどや低温やけどで生じる深いやけど。やけどの色は白や黒です。

 

熱源の温度によっては瞬時の接触でも深いやけどを作ります。アイロンや熱湯など、高温の熱源に一瞬でも触れたら、ある程度の深さのやけどを想定して流水でよく冷やしましょう。服の上からやけどしたら熱いまま無理に脱がせず、流水で冷やしてあげて下さい。

 

〇なぜ長時間流水で冷やすのか? →症状の進行が抑えられます。

 

直後はやけどの深さが分かりにくいのですが、流水で冷やす応急処置をすることでやけどが深く進行するのを抑えることができます。(やけどの部位に衣服があたっている場合は脱がせてからにしましょう。)この処置だけで痕を残さないやけどで治まることがあるのです。流水で10分~30分。とても大切な処置です。

 

〇低温でも長時間続くと深いやけどになります

 

低温でも長時間暴露されるとじわじわとやけどは進行し、痕を残します。いわゆる低温やけどは痕を残すことが多いので、カイロや湯たんぽ、赤外線ヒーターなどには大人も子供も気をつけましょう。低温やけどを起こしてしまったら、必ず医療機関を受診して下さい。

 

〇範囲と深さ、やけどの部位で重症度が決まります

 

水疱が大きい場合や、やけどの範囲が広い場合、また赤みでも水疱でもない深いやけどを負った場合、顔や外陰部、足や手の指に深いやけどを負った場合はすぐに医療機関にかかりましょう。

 

日常診療の中やけどを診察している医師や看護師である私たちも、自分の子供のこととなると慌てます。誰もが家庭での救急時、できることは決まっています。やけどに限らず応急処置の基本を知っておくと、万が一何かあった時に必ずや役に立つと思います。

脳には肥料が必要

2015年02月04日(水曜日) 00時00分 積田 綾子

脳は何歳からでも鍛えることができます。

脳の働きはいろいろな物質が関係します。

そんな物質をコントロールするような薬や物質そのものに似た薬もあります。

脳の機能がうまく働かなくなるものって何でしょう?(@_@;)

⇒うつ、慢性ストレス、痴呆、発達障害など?

さて、これらって薬で確実に治るってイメージありますか?

よくなる人もいるけど、難しいケースってありますよね。(・_・;)

それは脳がそこらのコンピューターより確実に多機能で、複雑だからでしょう(*^_^*)

ですからただ薬を飲んだだけで完全に良くなるとはかぎらないのです。

その成分を増やしたり減らしたりする他の成分も常に競合して脳の中では動いています。

そこをうまーく働かせようと医師は処方や生活、食事、療育の指示なんかをするわけです。


じゃあ、視点を変えます。\(^o^)/

足りないものを補うのではなく脳自体を育てる(!)ことができるとしたら?

肥料をやって、繰りかえし刺激すれば脳の中のネットワークがどんどん広がるとしたら?

その肥料は、食事でも、薬でも、睡眠でもなく、「運動」によって飛躍的に増えるとしたら?



その肥料はBDNF。聞いたことはないと思います。

名前は忘れていいんです。

簡単にいうとこれがあがると脳が活発に働きだし、その状態で繰り返し使った脳の部分はネットワークをつなげ、うまく働いていない各機能を改善させていくのです。
いくつもの研究がそれを示唆します。脳細胞にBDNFを与えるとちゃんと成長するのが見えるんですって。
でも、運動であがるなら薬のんでじーーっとしている間に、運動してみてもいいと思いませんか?
BDNFを増やす運動にはポイントがあります。


前回書いた高校の子たちはある方法で運動して驚くべき変貌をとげました。

0時限体育みたいな感じです。(始業前体育ですね( ..)φメモメモ)

成績が期せずして上がったのは、運動して、脳に肥料が行って、脳血流もアップしてるところで授業にはいり、勉強したから。(特に苦手科目を運動後に)

運動の方法は簡単。

全員が心拍計をつけ最大心拍の 70%前後(文献により多少差がある。)を基準に、好きな有酸素運動をすればいい。

大事なのはその子が夢中になれる有酸素運動。生徒たちは、苦手なものでなく自分ができる運動で心拍数を管理。

心拍数が成績を決める。

その子のベストをつくせば、みんな体育の成績にAがつくシステムになっている。

頑張りを認められるから頑張る意味があるんです。

ランニング、クライミング、ダンスダンスレボリューション、エアロバイク、少人数の(絶えず動く)サッカーやバスケットボール。(球の待ち時間の長いものはダメ



そ・し・て♡

運動で脳がいい状態になったところで勉強。

さらに、ほとんどの子の体重が適正になり、脳と体が健康になると、自然と食べ物が良いほうへ変わっていく。いい副産物がたくさんです。

体育が苦手(私の事??)でもいやな思い出もできず、その子たちは一生、運動することの大切さを実感として忘れない。
毎朝仲間と一緒に運動するから、運動音痴でも苦手種目に挑戦しようとする子がいれば、仲間がクラスを超えて応援するので、仲間との関わりも良くなって社会性ができる。

体育のやりかた一つで、頭脳と一生の健康を管理する能力と、仲間を手に入れる子が増えるのです。

余談ですがその子の頑張りを評価するという発想は、ある体育教師の失敗談からきています。

この体育教師が体育でランニングをさせていたときのこと。

ある11歳の女の子がやたら遅いので頑張ってないようにみえて、その子を注意していたそう。でも!心拍計をつけてびっくり!彼女の心拍数は187回/分。ほぼMAXに近い。

彼女は十分頑張っていたのです(TT)。

先生の反省から心拍計をつけて頑張り自体を評価するという気づきがうまれ、それがのちに、脳にもいいことが各方面から解明されていきました。
苦手意識をもった運動なんて一生はやらないでしょう。

でも、自分のペースでできる運動なら学校を卒業したってやる子が多いと思いませんか?

運動した健康な子としていない子では、テストで間違ったあとや失敗したあとの思考方法に明らかに差がでるそうです。

わたしは最近ハーバードの博士直接ご指導の脳科学にもとづくとーーっても柔軟で気合の入った発達障害児の運動療法に関わりはじめています。


先日、コミュニケーションが極端に難しいお子さんへの運動療法を拝見しました。

外来や従来の療育だけでは、なかなか出せない効果に感動しびっくりしているんです。

またいつか、発達障害児の運動療育については書きますね(^_-)-☆

運動の素晴らしさに気づいて以降、6歳の娘と毎週末5キロ走っています。

冬が嫌いだった私たちは、走り始めて冬の公園も好きになりました。走ると共通の会話が増え、親子だけど仲間みたいになります。

来週は娘は7.5キロ走るんだと張り切っています。(本気か?)

運動に興味をもって自分らしく生き生きする子が増えますよう。

ではでは~~(*^^*)

1 |

ページトップへ