書いて覚えることを大切に考えています。

haha1-17.jpgテキストに書き込みをする学習効果に期待しています。自分で書くことが大切だと考えています。書いた文字の方が目につき記憶に残りやすいと思っているからです。また、書き込みをすることで、改めて開いたときに目に見える形で達成感があるのもいい。わからなくなって振り返ったときにも自分の書き込みやメモで「前もここで引っかかったな」とか「ここは気づかずにやり過ごしていたな」と思い出すこともあり、それが定着につながるのではないかと思っています。

(現在受講中の「小6講座」のコース:チャレンジ6年生)

これまでも親の助けなく〈チャレンジ〉を使いこなしてきているので、さらに学習を進める力を付けてほしいと考えました。

haha1-02.jpg小学生のときから続けてきた〈チャレンジ〉で、きちんと学習習慣が付いていたので、このまま継続していこうと考えました。中学生になれば勉強のボリュームも増え、部活なども忙しくなりますが、これまで身に付けた習慣を生かしつつ、さらに着実に、自ら学習を進める力を付けてほしいのです。また、学校での学習に合わせ、教材の中から「今必要な部分」を見つけ出せるようにもなってほしいです。

(現在受講中の「小6講座」のコース:チャレンジ6年生)

私はハイブリッドスタイルがいいのではないかと思っていますが、子ども自身の「使うツールが増えるのはいやだ」という考えを尊重。

haha2-04.jpgこれまでも毎朝起きたらすぐに〈チャレンジ〉に取り組んできました。たまに遅れることはあっても、〈赤ペン〉もきちんと出せています。子どもにも確認してみましたが「使うツールが増えるのは面倒」ということなので、オリジナルに。正直、母親の私は中学生になって生活が変わるので、今まで通りきちんとできるのかという不安もあり、ハイブリッドの方が効率よくできるのではないかとも思いますが、まずは本人の希望通りにと。

(現在受講中の「小6講座」のコース:チャレンジ6年生)