子どもの希望でハイブリッドにしてみましたが、今のところやる気が出ているようです。

star_4.png

haha1-12.jpg教材が届いてみたら「あれ?これだけ?」というシンプルさ。以前は量の多さに圧倒されていましたが、それがなくてうれしくなりました。子どもも安心したようです。うちの子は自分の部屋で勉強するので具体的にどの程度活用しているかはわからないのですが、「そろそろ勉強してほしいな」と私が思うタイミングで、何も言わなくても自分から部屋に行くようになったので、以前よりやる気が出ているようです。子どもの「これじゃないとできない」という言葉を信じてよかったかな。

(現在受講中のコース:受験総合コース)

スキマ時間を見つけるとすぐにタブレット学習に。いい感じです。

star_5.png

haha1-25.jpgこれ、いいですね。待ちに待ったタブレットでやる気満々! 教材が届くとすぐに取り組みました。これまでにはなかったことです。問題を解くとすぐに採点してくれて、どこまでやったかもすぐわかり、「今日はここから」とすんなり学習に入れるみたい。それが本人のやる気につながるようです。空いている時間を見つけるとタブレットを手にしていて、今のところは決めた予定どおりに進められているようです。楽しくスタートできてよかった!

(現在受講中のコース:最難関挑戦コース)

この先1年間で学ぶ内容が見えるところが気に入りました。

star_4.png

haha2-13.jpg新学年の教材が届いて、春休みに入った今、少し取り組み始めたところです。今回から1年分の学習範囲の〈授業チャレンジ〉が届くようになって、その量の多さに「こんなに!」と焦っていましたが、それでも学校の進度や興味など、自分のペースに合わせて学習できるのでよさそうです。とくに何度も振り返って確かめたい英語や数学は復習にも予習にも使いやすそうなので、期待しています。

(現在受講中のコース:最難関挑戦コース)

ハイブリッドなら、子どもにとって必要な部分を必要な形でチョイスすることができそう

haha2-27.jpg勉強は学校中心。学校の授業、プリント、ワークをしっかりこなして理解することがいちばん大切だと思っています。「ゼミ」はそれでも不安が残った部分をフォローする副教材という考え方で、子ども自身が自分に必要なところを探して使っています。ハイブリッドなら、そこを提案してもらえ、問題を解いたあとも、正解したらハイレベル問題、不正解なら理解できていないところまで立ち戻った問題が出されることにも期待しています。受験生には探す時間ももったいないですからね。
(現在受講中の「中二講座」のコース:英語ハイレベル×数学ハイレベル)

さらに上をめざしたいから、より効率的に深く理解できそうなハイブリッドを選択

haha1-26.jpgこれまでの紙の教材も使いこなし、学校の宿題もきちんとこなして、成績は常に上位をキープしてきました。それでも100点を取るのはなかなか難しく、「あと少し」を手に入れるために、ハイブリッドを取り入れてみることに。受験勉強は学年の枠を超えて、やさしい基礎問題から難しい応用問題までを学習し、確実に実力をつけていくことが重要です。そのためには映像や音声もあり、効率よく理解できるハイブリッドがいいのではないかと、親子で話し合って決めました。
(現在受講中の「中二講座」のコース:英語ハイレベル×数学ハイレベル)

インターネットならではの便利さや楽しさを、学習に取り込めるチャンスと思ってチャレンジ!

haha1-25.jpg学校の宿題の調べものにインターネットを活用する機会が増え、ネットならではの便利さやおもしろさを親も子も感じていました。そんなとき、「進研ゼミ」にもハイブリッドができると知り、迷わず選択。受験生になると、日々の学習の他に受験勉強がプラスされ、長期休みにまとめて取り組むというやり方ではつらいのではないかとも考えました。新しいものに触れて覚えるのは楽しい作業。楽しみながら学習し、学力が身に着いていけばいいなと思っています。
(現在受講中の「中二講座」のコース:英語ハイレベル×数学ハイレベル)

全ては使えていないけれど、今の学習スタイルを見守りたいと考えています。

haha2-14.jpg正直全ての教材を使いこなせてはいません。定期テスト対策教材を中心に使い、学校でわからなかったこと、ニガテだと感じたことがあったときに〈チャレンジ〉を引っ張り出して、その部分だけを解いて確認しています。それでも成績はキープできているので、それがうちの子のスタイルなのだと思っています。インターネット環境での学習は、つい他のことが気になるうちの子にとっては誘惑のもと。紙だけで集中して勉強してほしいと考えています。

(現在受講中の「中二講座」のコース:英語ハイレベル×数学ハイレベル)

「紙に書いて覚える」が我が家の考え方。迷いなくオリジナルスタイルです。

haha2-13.jpg「紙に書く学習スタイルがいい」との持論があり、子どもも書くことの大切を感じてくれているので、我が家はオリジナルスタイルです。今は時間がかかって効率的ではなかったとしても、最終的には近道。書いて悩む過程を大切にしたいのです。例えば試験でフリーハンドで正三角形を書いて答える必要があるとき、ふだんから書いていたらストレスなく正確に書くことができ、スムーズに答えを導き出せる...そんなふうに考えています。

(現在受講中の「中二講座」のコース:英語スタンダード×数学ハイレベル)

子どもの「これじゃないとできない」という言葉がやる気につながると信じて。

haha1-12.jpg〈チャレンジ〉を実はあまりうまく活用できていません。問題を解いたとしても、答え合わせを面倒に感じるらしく、なかなかそこまでたどり着けないのです。そしてためてしまう。そうするとやる気が落ちるというのが現状。ハイブリッドスタイルにすることで、答え合わせやニガテの振り返りが簡単になればストレスも減り、やる気につながるのではないかと、期待しています。

(現在受講中の「中二講座」のコース:英語スタンダード×数学ハイレベル)

短時間で学べる設計、移動時間に持ち運べることが気に入っています。 だからこれまで通りに。

titi-11.jpg朝や帰宅直後に15分設計の〈チャレンジ〉での確認作業を続けてきました。移動時間に使える教材が多いことも助かっています。クラブチームに所属しているので、平日の帰宅は早くても20時半に。土日は試合が入ることも多く、自宅での学習時間はとても限られているからです。とにかく授業中は集中して、「ゼミ」から届く教材で確認するという流れがうちの子の生活スタイルに合っているため、オリジナルスタイルを選択しました。

(現在受講中の「中二講座」のコース:英語ハイレベル×数学ハイレベル)