トップページ> 特集> 「英語を書かせたい!」おうちのかたへ
2015年08月21日更新
小学校英語、ここが知りたい!

「英語を書かせたい!」おうちのかたへ

  • 英語 英語
  • その他 その他
毎月お届けしている本コラム「小学英語ここが知りたい!」では、「英語を習得するためには、くり返し英語を聞くことが大切」ということをお伝えしてきたところ、あるおうちのかたから、「聞くことが大切なのはわかったけれど、アルファベットが書けなくてもだいじょうぶですか?」と質問をいただきました。

大切なのはタイミング

中学校、高校の英語学習に必要だからといって、アルファベットを書くことを強要しては、聞くことを通じて「楽しい」と思っていた英語が嫌いになりかねません。まずは、アルファベットに「楽しく」ふれることが大切です。そしてお子さまが音を聞いて「アルファベットの形」を認識できるようになったら、その時こそが「書く」タイミングです。

 まず! アルファベットの音や形を覚える

■  誰もが知っている「ABCソング」を繰り返し歌いましょう! 

キラキラ星のメロディに乗せて"ABCDEFG〜"。
繰り返し歌うことでアルファベットを耳で認識、順番を覚えます。

■  街の中の看板やポスターでアルファベットを探しましょう!

看板やポスターだけでなく、スーパーマーケットに並ぶ商品の中に隠れたアルファベットを親子で競争して探し、発音してみるのも楽しいですね。

 ■  上手にゲームを利用しましょう!

スマートフォンやパソコンにも、お子さまが気軽に利用できるゲームがたくさん。『チャレンジ3年生』の"ミラクルモバイル"や『チャレンジ4年生』『チャレンジ5年生・6年生』の"ポケットチャレンジ"でも、ゲーム形式でアルファベットを楽しく学べます。

 ■  アルファベットを書いてみましょう!

楽しくいっぱいアルファベットの音を聞いたお子さまは、アルファベットの形もすぐにイメージできるようなります。おうちの方が発音したアルファベットを書く、単語の始まりのアルファベットを書くなど、お子さまがイメージしやすいような工夫も大切です。

 何よりあせらないことが大切です

2020年度からは、小学校3年生からの英語授業開始、小学校5、6年生の"教科"扱いとすることは、すでに文部科学省が明らかにしています。そのニュースだけを耳にすると、「いつから?」「どうやって?」英語を勉強させたらいいのかと不安になられるおうちのかたもいらっしゃるでしょう。しかしこのコラムで繰り返しお伝えしているように、英語学習はまず楽しく聞いて、英語に慣れることが重要です。アルファベットも同じです。なかなか先に進まないことにイライラせずに、お子さまと一緒に「英語」の音や形を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 「進研ゼミ」では、聞くだけでなく、アルファベットを楽しんで書けるような工夫された教材、付録をご提供しています。ご家庭での学習にぜひご活用ください。

お子様の学年をクリックして内容をチェック

1年生 「英語に出合う!」小学1年生の英語 英語の「歌」や「アニメ」で、楽しく「単語」「表現」を聞き、「英語が好き!」になる気持ちを育みます。

•毎月お届けする「はてな?はっけんブック」の中で、「英語」コーナーをお届けします。
※チャレンジウェブ」で、音声が聞けます。
•8月号でお届けするアニメでは、外国人の友達と一緒に遊ぶシーンで英語の表現を理解することができます。

*チャレンジタッチとは異なります。

【チャレンジタッチの英語教材について】
http://faq.benesse.co.jp/faq/show/10346?category_id=1013&page=1&site_domain=h-sho&sort=sort_access&sort_order=desc

2年生 「英語にふれる!」小学校2年生の英語 発達に応じた内容を学ぶことで、楽しく、無理なく「英語」にふれ、小学3年生から始まる英語の授業につながる力がつきます。

•毎月お届けする「はてな?はっけんブック」の中で、「英語」コーナーをお届けします。
•「おたすけペン」では、くり返し「音声」を聞くことができます。

•4月、9月号でお届けするアニメでは、外国人の友達と一緒に遊ぶなかで英語を理解することができます。

*チャレンジタッチとは異なります。

【チャレンジタッチの英語教材について】
http://faq.benesse.co.jp/faq/show/10346?category_id=1013&page=1&site_domain=h-sho&sort=sort_access&sort_order=desc

3年生 「英語で自分のことを伝えられる!」小学3年生の英語 高学年の授業で使う重要表現と単語を理解し、話すことができるようになります。

•「知っている物語を楽しく聞く教材」を年に3回お届けします。
•「ミラクルモバイル」では、くり返し「音声」を聞くことができます。
•「ミラクルモバイル」を使って、アルファベットの大文字と英単語150語をゲーム形式で楽しく学べます。
•身についた力がわかる「チェックテスト」を12月に「チャレンジウェブ」で受けることができます。

*チャレンジタッチとは異なります。

【チャレンジタッチの英語教材について】
http://faq.benesse.co.jp/faq/show/10346?category_id=1013&page=1&site_domain=h-sho&sort=sort_access&sort_order=desc

4年生 「英語で伝えられることを増やす!」小学4年生の英語 高学年の授業につながる表現や単語、アルファベットが身につきます。 自分のことを英語で伝えられるようになります。

「楽しいアニメで学習できるチャレンジ4年生英語」を年に3回お届けします。

•「ポケットチャレンジ」では、くり返し「音声」を聞くことができます。
•「ポケットチャレンジ」を使って、アルファベットの小文字と英単語150語をゲーム形式で楽しく学べます。
•身についた力がわかる「チェックテスト」を12月に「チャレンジウェブ」で受けることができます。

*チャレンジタッチとは異なります。

【チャレンジタッチの英語教材について】
http://faq.benesse.co.jp/faq/show/10346?category_id=1013&page=1&site_domain=h-sho&sort=sort_access&sort_order=desc

5年生 「授業で活躍できる!」小学5年生の英語 「現行の「学習指導要領」に則った学習に対応しています。

小学生の発達に応じた「生きた」「自然な」英語にふれることで、「英語って楽しい!」と思いながら、「単語力」「表現力」「コミュニケーション力」が育ちます。

• 毎月「チャレンジ5年生」の中で英語をお届けします。誌面では『Hi,friends!1』に準じて、基本的な表現や単語、アルファベットの定着を図ります。
•「ポケットチャレンジ」で、くり返し「音声」を聞くことができます。
•「ポケットチャレンジ」の単語ゲームで、5年生で習う重要単語100語を学べます。
• 身についた力がわかる「きみの英語力をチェック」を8・12・3月に受けることができます。

*チャレンジタッチとは異なります。

【チャレンジタッチの英語教材について】
http://faq.benesse.co.jp/faq/show/10346?category_id=1013&page=1&site_domain=h-sho&sort=sort_access&sort_order=desc

6年生 「授業で活躍し、中学の準備もできる!」 小学6年生の英語 現行の「学習指導要領」に則った学習に対応しています。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を学習し、中学校の英語学習の土台も築きます。

• 毎月「チャレンジ6年生」の中で英語をお届けします。誌面では『Hi,friends!2』に準じて、基本的な表現や単語、アルファベットの定着を図ります。
•身についた力がわかる「きみの英語力をチェック」を8・12・3月に受けることができます。
•「ポケットチャレンジ」で、くり返し「音声」を聞くことができます。
•「ポケットイングリッシュマスター」で、授業で使われる100表現をいつでも聞くことができます。
•「英語辞典700」で、イラストといっしょに中学でも役に立つ単語を学びます。

*チャレンジタッチとは異なります。

【チャレンジタッチの英語教材について】
http://faq.benesse.co.jp/faq/show/10346?category_id=1013&page=1&site_domain=h-sho&sort=sort_access&sort_order=desc
  • 1
関連記事

tokusyuu 451

2

「英語を書かせたい!」おうちのかたへ

http://blog.benesse.ne.jp/challetsu/tokusyuu/000451.html

tokusyuu

"/challetsu/tokusyuu/m/images/pc/noimage_tokushu.png"