直島文化村公式ページ

ナビゲーション

代表よりごあいさつ

仕事を通じてお客様とともに「Benesse=よく生きる」を体感しながら成長を!

株式会社直島文化村は、株式会社ベネッセホールディングスの100%出資のグループ会社で、瀬戸内海の島・直島にある「ベネッセハウス」や「家プロジェクト」、「つつじ荘」等の運営を通じて、「Benesse=よく生きる」について考える機会の提供を目指しています。その為には、様々なアート体験とともに直島に宿泊し、ゆっくりとした時間を過ごしていただくことが重要だと考えています。
その中心拠点となるのがベネッセハウスです。私たちの活動の原点でもあるベネッセハウスは、世界的建築家・安藤忠雄氏の設計により1992年に現代美術館と宿泊施設が一体となった特別な場としてオープンしました。現在は「ミュージアム」「オーバル」「パーク」「ビーチ」の異なる特色を持った4つの棟で構成されています。様々な宿泊関連サービスの提供を通じて、一人一人のお客様が主体的に考えるための時間と環境の提供を行ってきました。
現在のベネッセハウスは、アート体験と一体となったホテルとして国内外からの高い評価を受けており、世界中から文化芸術ををはじめ幅広い様々なジャンルのお客様がお越しになっています。海外からのお客様の比率は5割を超えています。島の小さな職場でありながらも、グローバルかつダイバーシティな感覚を磨きながら働くことができるはずです。
ベネッセハウスで働く私たちは、瀬戸内海の自然や建築、アートの中で一人一人の仕事を通じてお客様に「Benesse=よく生きる」を体感していただくだけでなく、私たち自身もそのことを通じて「Benesse=よく生きる」を体感しながら成長していきたいと願っています。

株式会社 直島文化村 代表取締役社長 笠原 良二

pagetop