2017/01/31

「なにかあったら、声かけてね」のひとこと

【安全インストラクター武田信彦のコラム「一般市民による防犯とは?」】(第8回)

 

 

 先日、とある研修会で講師を務めました。おもに、夜間、徘徊やたむろをしている未成年者への見守り活動を行うみなさまを対象としたものです。非行防止がテーマとなりますが、一般市民による防犯活動は「見守り」の範囲となるため、あくまでも被害防止の観点での活動となります。見守りを行う中で、明らかな犯罪行為や犯罪被害の可能性があれば、すぐに警察へ通報もしくは連絡をして対応を委ねることがもとめられます。くれぐれも無理のない対応をすることが重要です

 

 ところで、未成年の人たちと接するとき、「何歳?」「どこの学校?」「早く帰れ!」など、頭ごなしに注意することは、居場所がない...と感じる彼らをさらに追い詰めることにもつながります。「声をかけて、逆ギレされるのが怖い...」という意見もありますが、そもそも叱りつけることが目的となれば危険を伴うのです。見守りで大切なことは、笑顔でのあいさつや会話、そして、「なにかあったら、声かけてね!」のひとことを伝えることです。
 ちなみに、パトロール隊の姿を見ただけで「注意されるかも...」というメッセージは十分に伝わっています。そのことよりも、「心配している大人がいるよ」という姿を見せることが、万が一のとき助け合える環境をつくることにつながるのです。

 

 

 

 

 


執筆者:武田信彦(たけだ のぶひこ)さん

takeda.jpg

うさぎママのパトロール教室主宰

安全インストラクター

犯罪防止NPOの幹部などを経て、2006年より安全インストラクターとして活動を開始。
「一般市民としてできる安全のコツ」をテーマに全国で講演やセミナーなどを多数実施中。
子どもたちの安全力向上を目的とした「安全ワークショップ」も好評を得ている。
サイト : うさぎママのパトロール教室 http://www.usagimama.com/


  • 一覧へ戻る

がついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。